現在地

キャリア形成

研究者に突きつけられる最大の問いは、学術界を去るか研究を追究するかという選択です。学術マーケットでの激化する競争により、適切な判断を下すことはますます難しくなっています。このセクションでは、博士課程やポスドク後のキャリアについて十分な情報に基づいた選択をし、就職活動を開始するにあたって必要なスキルを身につけるためのリソース、情報、ヒントをご紹介します。
閲覧済み
2年前、とある高名なジャーナルに論文が掲載されました。論文掲載時のインパクトファクターは4.52でしたが、現在は3.962まで下がっているようです。履歴書(研究業績書)には、現在の数値と出版時の数値のどちらを記載すべきですか?
  • Anonymous
  • 2018年1月30日
  • 9,905 ビュー
キャリアの各段階で適切な助成金を選択するには
閲覧済み
研究者が研究を進めるには研究費の獲得が欠かせませんが、この獲得レースに勝つのは容易ではありません。助成金申請はさまざまな観点から判断されますが、それ以前に、「数ある助成金提供元の中からどこを選ぶべきか?」とで悩む研究者も多いのではないでしょうか。この記事では、種々の助成金についてのメリットとデメリットを知ってもらうことを目指して、研究者向けの現行の助成金オプションの概要をご紹介します。
ソーシャルメディア時代の論文宣伝方法
閲覧済み
このソーシャルメディア時代に論文を広く伝えるためには、熾烈な競争を勝ち抜く必要があります。膨大な情報の海からたった1つの論文を認識してもらうのは、至難の業。そのような中、もっとも簡単で効果的な手段の1つが、SNSの活用です。この記事では、SNSの活用についての概要を紹介すると共に、自己宣伝を行うためのヒントとその効果を説明します。
若手研究者のためのネットワーク作りのヒント
閲覧済み
ネットワーク作りは、共生関係を構築・強化するための重要な行為です。しかし、多くの若手研究者が、「百戦錬磨の科学者が、自分みたいなただの学生を相手にしてくれるはずがない」と思い込み、ネットワーク作りを敬遠しています。この記事では、学会で堂々と振る舞うためのコツを紹介します。
学会発表を成功させるための8箇条
閲覧済み
学会での研究発表は研究者にとって重要な場であり、若手研究者の多くは、貴重な経験を積める機会として前向きに捉えています。しかし、素晴らしい機会であるのと同時に、ほとんどの参加者にとって恐ろしい場でもあります。学会発表を成功させるための鍵は、事前準備をしっかり行うことに尽きます。その準備の方法を紹介していきます。
査読者になるには: 若手研究者へのアドバイス
閲覧済み
学術界での成功を求める若手研究者は、自分の知識やスキル、やる気を示せる機会をいつも探しています。査読者になることは、成功への階段を1段のぼることと言えます。査読は、若手研究者のキャリアアップにどのように関係してくるのでしょうか。研究者はどうやって査読者になるのでしょう?本記事では、このような質問への回答を示すとともに、査読者になりたいと願う若手研究者に役立つ、豊富なアドバイスをお届けします。
厳しいポスドク時代を乗り切るための8ヶ条(ポエム形式)
閲覧済み
ポスドク研究者という立場には、予測不能な多くの困難がつきまといます。準備が十分に整っていないために、困難への対処が非常に難しく感じられることも多いでしょう。そこで、モチベーションを保ちながらポスドク生活を乗り越えて、さらなる成長を遂げるための8ヶ条をポエム形式でまとめてみました。
ソーシャルメディアで研究成果の露出を増やす方法
閲覧済み
学術誌での研究成果の発表は研究者にとって重要なことですが、科学情報を日々のコミュニケーションの流れに取り込むことはより重要かもしれません。今日では、その手段としてソーシャルメディアが使われています。この記事では、自分の研究成果をソーシャルメディアで効果的にアウトプットし、その成果を追跡するための方法を紹介します。
若手研究者たちの困難とニーズ:SSPによる調査結果の概要
閲覧済み
学術界は競争の激しい世界であり、若手研究者はキャリアを切り開く過程でさまざまな困難に直面します。学術界の未来を背負って立つ彼らに対して、同じ業界の人々はそのニーズや困難を理解し、解決を支援していくことが重要です。
米国の博士課程修了者の雇用状況に関する調査
閲覧済み
米国は科学分野の労働者人口が世界でもっとも多いため、高等教育や研究職を志す人々にとって魅力的な国といえます。研究者の国際間移動は過去10年ほどで大幅に増加しており、政策立案者たちは、研究者の就職先決定に影響を及ぼす要因を理解することに関心を高めています。全米科学財団(NSF)の興味深いレポートをご覧ください。

ページ