エディテージ・インサイト https://www.editage.jp/insights/rss-feeds.xml ja 私の長い旅:修士号取得までの7年間を振り返って https://www.editage.jp/insights/a-personal-anabasis%E2%80%94it-took-me-7-years-to-earn-my-master%E2%80%99s-degree <span>私の長い旅:修士号取得までの7年間を振り返って</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/georgia-mystrioti" lang="" about="/insights/georgia-mystrioti" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype=""> Georgia Mystrioti</a></span> <span>2020/04/06(月) - 09:33</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5106&amp;2=bookmark" token="-7q6k-k6tRbwIZ_0nj4LhBbBgB5JVY-bXXpic-aOlkI"></drupal-render-placeholder><drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5106&amp;2=featured_in_home_page_slider" token="tc3gocE6Lx7qXX1h5afPwpwivzlWL9A8S3Am7bbMIHA"></drupal-render-placeholder> Mon, 06 Apr 2020 00:33:37 +0000 Georgia Mystrioti 5106 at https://www.editage.jp/insights 心の応急処置が必要な理由 https://www.editage.jp/insights/video-why-we-all-need-to-practice-emotional-first-aid <span>心の応急処置が必要な理由</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/editage-insights" lang="" about="/insights/editage-insights" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype=""> Editage Insights</a></span> <span>2020/04/03(金) - 09:52</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5104&amp;2=bookmark" token="NBuhySfwU_EnjGGMbGYzrxVZFEH9JCi8JYIRi2racqE"></drupal-render-placeholder> <span>New</span> <ul class="mb-0 list-inline"> <li class="list-inline-item mr-0"><a href="/insights/categories/good-reads" class="new_category font-weight-bold" hreflang="ja">おすすめ記事</a></li> </ul> <div>04</div> <div><a href="/insights/series/self-care-for-researchers" hreflang="ja">研究者のセルフケア</a></div> <div class = "video-detailed-page-field-video detailed-page-media-field"> <div><div class="video-embed-field-provider-youtube video-embed-field-responsive-video"><iframe width="854" height="480" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen" src="https://www.youtube.com/embed/F2hc2FLOdhI?autoplay=1&amp;start=0&amp;rel=0"></iframe> </div> </div> </div> <div class="detailed-page-video-thumbnail"> <div class="contet-body-image position-relative vps-img mb-4"> <a class="play-button-icon use-ajax" href=""><img src="https://cdn.editage.jp/insights/editagejp/production/styles/detail_page_image/public/Self%20care%20video_0.jpg?itok=8W-GfQEJ" title="" alt=""/></a> </div> </div> <div class="video-detailed-page-social-sharing mt-3"><span class="mr-3"> </span> <a href="" class="use-ajax"><i class="demo-icon icon-bookmark-icon"></i></a> </div> <div class="mb-05 date-views-container mt-3 mt-lg-0"> <span class="content-creation"> </span> </div> <hr class="divider mb-4 mt-3" /> <div class="body-access-denied-paywall"><p style="margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify; margin-right:0mm; margin-left:0mm"><span><span style="background:white"><span><span><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="letter-spacing:-.3pt">私たちは、風邪っぽかったり痛みが治まらないなどの体の不調があれば、病院へ行きます。だから、罪悪感や喪失感や孤独感といった心の痛みがあるときも、専門家に相談すればよいのです。</span></span></span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span style="background:white"><span><span style="color:#333333"><span style="letter-spacing:-.3pt">Guy Winch</span></span></span></span></span><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="letter-spacing:-.3pt">氏は、心の病の問題を自分だけで抱え込んでいる人が多すぎると語っています。私たちは、そんな状況を打開すべきです。</span></span></span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span style="background:white"><span><span style="color:#333333"><span style="letter-spacing:-.3pt">Winch</span></span></span></span></span><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="letter-spacing:-.3pt">氏は、体のメンテナンスをするのと同じように、感情や心にもきちんと目を向け、精神衛生を実践するよう主張しています。</span></span></span></span></span></span></span></span></p><p><span><span><span style="color:#040000">セルフケアの重要性と、その実践方法を知りたいと思いませんか?こちらのシリーズ記事をご覧下さい:</span></span></span> <span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><a href="https://www.editage.com/insights/series/self-care-for-researchers" style="color:blue; text-decoration:underline"><span><span>self-care for researchers</span></span></a></span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#040000">.</span></span></span> </p></div> <ul class="mb-0 list-inline tags-container "> <li class="list-inline-item tags text-capitalize mb-3"><a href="/insights/taxonomy/term/2339" hreflang="ja">メンタルヘルス</a></li> </ul> Fri, 03 Apr 2020 00:52:07 +0000 Editage Insights 5104 at https://www.editage.jp/insights アーベル賞2020:確率と力学を探求した2人の数学者に授与 https://www.editage.jp/insights/2020-abel-prize-jointly-awarded-to-mathematicians-who-explored-probability-and-dynamics <span>アーベル賞2020:確率と力学を探求した2人の数学者に授与</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/sneha-kulkarni" lang="" about="/insights/sneha-kulkarni" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype=""> Sneha Kulkarni</a></span> <span>2020/04/02(木) - 09:38</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5103&amp;2=bookmark" token="Vp67_FX0LhLuyB4Sv4ICfynZIayVP8yw9xeiVtnL6iY"></drupal-render-placeholder><drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5103&amp;2=featured_in_home_page_slider" token="PAfBIWFaDe5k6uqI3wwZXcucP3K46936X2dGFBpwUAc"></drupal-render-placeholder> Thu, 02 Apr 2020 00:38:04 +0000 Sneha Kulkarni 5103 at https://www.editage.jp/insights 論文博士の学位が取得できるのか質問させて下さい。 https://www.editage.jp/insights/is-it-possible-to-write-a-thesis-and-obtain-a-doctoral-degree-without-going-to-graduate-school <span>論文博士の学位が取得できるのか質問させて下さい。</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/editage-insights" lang="" about="/insights/editage-insights" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype=""> Editage Insights</a></span> <span>2020/04/01(水) - 16:55</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5102&amp;2=follow" token="9_TD4P3SLh9nCORDx_YeT2PeuN032hdSSWPKnh_QiS8"></drupal-render-placeholder> <div>15年前に修士課程を卒業間近で退学しました。現在、1年程前から研究所に勤務するようになりましたが、仕事の待遇や昇格の為に学位を取得したいと思いやったのですが、仕事をしながら大学院に通うのが難しいのでは無いかと、進学に踏み切れていません。ウェブサイトで知った論文博士についてお伺いしたいのですが、論文博士は大学院に通わずに論文を書けるものなのでしょうか?</div> <ul class="mb-0 list-inline"> <li class="list-inline-item mr-0"><a href="/insights/categories/career-advice-for-researchers" class="new_category font-weight-bold" hreflang="ja">研究者のためのキャリアガイダンス</a></li> </ul> <div>0</div> <div>Invisibility</div> <div> <div> <div class="answer-container pb-3 mb-4"> <div class="full-body mb-4 font-18-16 qna-desc"> <span class="qna-answer-prefix font-weight-bold float-left mr-1">回答: </span> <div><p>一般的に論文博士で求められる水準、副論文の本数は、課程博士で求められるものよりも厳しくなります。また、論文博士といえども申請する大学にお世話してくれる教授、いわゆる指導教授をお願いしなければなりません。この教授は申請者のこれまでの研究活動を通して、縁故のある人、共同研究などで申請者の研究内容を十分に承知している人に依頼することになります。これまでに何もご縁のなかった教授が引き受けることはまずないと思っていただいてよろしいかと思います。よって、すでに一定の研究実績を積んでこられて、副論文も十分にあり、論文博士の審査に通すデータをすでにお持ちで、申請しようとする大学にご縁のある教授がいれば論文博士の可能性は大いに期待できます。まだ研究者としての活動を始めたばかりという段階でしたら、課程博士に通われる方が近道です。</p> </div> </div> <div class="user-info-container d-flex mb-4"> <div class="user-pic-container w-8 mr-2"> <div class="avatar"> <a href="/insights/hikaru-honda"> <img src="https://cdn.editage.jp/insights/editagejp/production/default_images/default-avatar_0.png" alt="avatar mx-auto white" class="rounded-circle" title=" Hikaru Honda" alt=" Hikaru Honda" width="32" height="32"/> </a> </div> </div> <div class="user-info w-75"> <p class="qa-link mb-05"> 回答者 <a href="/insights/hikaru-honda" class="qna_author"><span class="font-weight-bold mb-0 qna-gold-color"> Hikaru Honda</span></a> <span class="content-creation"> on 2020年04月04日 </span> </p> <div class="mb-05 font-14 user-short-desc"> </div> </div> </div> <div class="upvote-section dot-seperator qa-link"> <ul class="d-inline-block mb-0 list-inline upvote click-upvote click-upvote-5105 "> <li class="list-inline-item upvote mr-0 click-upvoted-5105 "> <a href="" data-id="5105" data-filter="0" data-val="2"><span class="font-weight-bold">この回答に賛成</span></a> </li> <li class="list-inline-item mr-0 upvote-count-5105 ">2</li> </ul> <div class="pl-4 d-inline-block comment font-weight-bold"><a href="#disqus_thread">コメント</a></div> </div> </div> </div> <div> <div class="answer-container pb-3 mb-4"> <div class="full-body mb-4 font-18-16 qna-desc"> <span class="qna-answer-prefix font-weight-bold float-left mr-1">回答: </span> <div><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:8.0pt; margin-left:0mm; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="text-justify:inter-ideograph"><span><span><span style="color:#333333">仕事をしながら修士号や博士号を取得しようと考えるのは、立派なことです。そして、そのことについて不安を抱くのは、もっともなことです。</span></span></span></span></span></span></p><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:8.0pt; margin-left:0mm; text-align:justify"><br /><span><span style="background:white"><span style="text-justify:inter-ideograph"><span><span><span style="color:#333333">ご質問に答えて選択可能なオプションを示す前に、</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333">2</span></span></span><span><span style="color:#333333">つのことをお伝えしておきたいと思います。</span></span></span></span></span></span></p><ul><li style="margin-bottom:8.0pt; margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span><b><span><span>修士号を取得する</span></span></b><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>: </span></span><span><span>博士号を目指す前に、修士号を取得することをお勧めします。これにはいくつか理由があります。あなたは、修士号を取得する直前で退学したとのことなので、もし大学側が認めれば、ごく短期間で修士号を取得できる可能性があります。修士号を取得すれば、博士号を目指す上での信用が高まり、自信もつくはずです。また、仕事をしながら博士号を目指すことが自分にとって妥当かどうかを見きわめる上でも有益でしょう。もちろん、修士号を取得しなくても博士号を目指すことはできますが、修士号があれば、確実に役立ちます。あなたと同じような状況にある人もいるので、よろしければこちらの記事をご覧ください:</span></span><a href="https://www.editage.com/insights/a-personal-anabasis-it-took-me-7-years-to-earn-my-masters-degree" style="color:blue; text-decoration:underline"><span><span><span style="color:#0563c1">It took me 7 years to earn my master's degree</span></span></span></a></span></span></span></span></span></li><li style="margin-bottom:8.0pt; margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span><b><span><span>現在の職場に相談する</span></span></b><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>: </span></span><span><span>研究所に勤めて</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>1</span></span><span><span>年ほどということですから(おそらく研究関係の業務であるとお察しします)、そこでのレベルアップを考えることも可能かもしれません。したがって、修士号もしくは博士号の取得に取り組むことのメリットと方法について、上司と話し合ってみることをお勧めします。上司は、あなたの現在の役割と将来の可能性における現実的な側面から、より実践的なアドバイスをしてくれるでしょう。さらに、高等教育の資格取得を目指す上での経済的側面での助言のみならず、経済的支援そのものを受けられる可能性もあります。また、学位の取得に必要な休暇も取れるかもしれません。場合によっては、その他のオプションを示してくれることもあるでしょう。</span></span></span></span></span></span></span></li></ul><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:8.0pt; margin-left:0mm; text-align:justify"><br /><span><span style="background:white"><span style="text-justify:inter-ideograph"><span><span><span style="color:#333333">さて、ご質問への回答としては、以下の選択肢が考えられます。</span></span></span></span></span></span></p><ul><li style="margin-bottom:8.0pt; margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span><b><span><span>論文博士号</span></span></b><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>: </span></span><span><span>今は、論文を提出するだけで博士号を取得することも可能です。そのようなプログラムを用意している機関を調べてみましょう。このオプションはあなたの現在の状況に適しているかもしれませんが、一方で、博士課程に通って取得した場合と比べてデメリットもあります。博士課程に通えば、研究生活に備えてより十分な準備をすることができます。また、同級生や指導教官との交流から得られるものもあるでしょう。とはいえ、あなたの現在の職場でも、こうしたメリットは得られるかもしれません。</span></span></span></span></span></span></span></li><li style="margin-bottom:8.0pt; margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span><b><span><span>オンライン博士号</span></span></b><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>: </span></span><span><span>地理的条件や、特殊な状況(あなたのようなケース)によって、博士課程に通うことが難しい人によっては、こうした方法もあります。最低限の出席が必要となる場合もありますが、それ以外は完全にオンライン化されています。詳しい情報は、ネットで調べてみましょう。</span></span></span></span></span></span></span></li><li style="margin-bottom:8.0pt; margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span><b><span><span>出版物による博士号</span></span></b><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>: </span></span><span><span>このためには、ジャーナルで論文を出版し、それを博士論文として整理する必要があります。これは、</span></span><a href="https://www.editage.com/insights/what-paper-based-thesis" style="color:blue; text-decoration:underline"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#0563c1">ペーパーに基づく学位論文</span></span></span></a><span><span>と言われています。詳しくはネットで調べてみてください。</span></span></span></span></span></span></span></li><li style="margin-bottom:8.0pt; margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span><b><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>Master of Research (MRes)</span></span></b><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>: </span></span><span><span>何らかの理由で以前の大学に戻ることができず、修士課程を修了することができない場合は、</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>MRes</span></span><span><span>を検討してみましょう。これは通常、博士号につながる</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span>1</span></span><span><span>年間のプログラムで、一人で修士課程に取り組みながら、ときどき大学に行くというものです。これなら、通常の修士課程と同様、研究生活が自分にとって有益かどうかを見きわめることができます。とはいえ、同様の理由から、(その他の選択肢にも言えることですが、)より自主性・自律性が求められます。</span></span></span></span></span></span></span></li></ul><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:8.0pt; margin-left:0mm; text-align:justify"><br /><span><span style="background:white"><span style="text-justify:inter-ideograph"><span><span><span style="color:#333333">分野を問わず、博士号はプライベートでも仕事でも充実感とやりがいを得られるものですが、それ相応の取り組みが求められます。また、家庭生活や仕事上の課題に向き合いながら、ブランクを挟みつつ博士号を取得する人、人生の後半で博士号を取得する人など、実にさまざまなケースがあります。こちらは、少し前にウェビナーで紹介した体験談です</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333">: </span></span></span><a href="https://www.editage.com/insights/motivational-talk-phdiva-lorie-owens-on-the-challenges-researchers-face-during-a-phd" style="color:blue; text-decoration:underline"><span><span><span style="color:#0563c1">How I juggled a full-time profession and a PhD at 55</span></span></span></a></span></span></span></span></p><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:8.0pt; margin-left:0mm; text-align:justify"><br /><span><span style="background:white"><span style="text-justify:inter-ideograph"><span><span><span style="color:#333333">最後になりますが、どのような形がベストなのかを見きわめるために、あなたの現状について、誰かに相談することをぜひ考えてみてください。</span></span></span></span></span></span></p><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:8.0pt; margin-left:0mm; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="text-justify:inter-ideograph"><span><span><span style="color:#333333">どのような道を選んだとしても、あなたの未来が明るいものになることを願っています!</span></span></span></span></span></span></p><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:8.0pt; margin-left:0mm; text-align:justify"><br /><span><span style="background:white"><span style="text-justify:inter-ideograph"><span><b><span><span style="color:#333333">関連記事</span></span></b><b><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333">:</span></span></span></b></span></span></span></span></p><ul><li style="margin-bottom:8.0pt; margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span><a href="https://www.editage.jp/insights/what-is-the-most-important-quality-you-need-for-being-a-phd-this-is-what-researchers-have-to-say" style="color:blue; text-decoration:underline"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#0563c1">私の長い旅:修士号取得までの</span></span></span><span><span><span style="color:#0563c1">7</span></span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#0563c1">年間を振り返って</span></span></span></a></span></span></span></span></span></li><li style="margin-bottom:8.0pt; margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span><a href="https://www.editage.jp/insights/15-career-paths-for-phds-and-postdocs" style="color:blue; text-decoration:underline"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#0563c1">博士号取得者とポスドクのためのキャリア</span></span></span><span><span><span style="color:#0563c1">15</span></span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#0563c1">選</span></span></span></a></span></span></span></span></span></li><li style="margin-bottom:8.0pt; margin:0mm 0mm 0.0001pt; text-align:justify"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><a href="https://www.editage.jp/insights/how-to-manage-work-life-balance-as-a-postdoc-scientist" style="color:blue; text-decoration:underline"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#0563c1">ポスドク研究員がワークライフバランスを保つには</span></span></span></a></span></span></li></ul></div> </div> <div class="user-info-container d-flex mb-4"> <div class="user-pic-container w-8 mr-2"> <div class="avatar"> <a href="/insights/editage-insights"> <img src="https://cdn.editage.jp/insights/editagejp/production/styles/thumbnail/public/pictures/2019-01/editage-insights-pic.jpg?itok=afCmBAex" alt="avatar mx-auto white" class="rounded-circle" title=" Editage Insights" alt=" Editage Insights" width="32" height="32"/> </a> </div> </div> <div class="user-info w-75"> <p class="qa-link mb-05"> 回答者 <a href="/insights/editage-insights" class="qna_author"><span class="font-weight-bold mb-0 qna-gold-color"> Editage Insights</span></a> <span class="content-creation"> on 2020年04月06日 </span> </p> <div class="mb-05 font-14 user-short-desc"> </div> </div> </div> <div class="upvote-section dot-seperator qa-link"> <ul class="d-inline-block mb-0 list-inline upvote click-upvote click-upvote-5107 "> <li class="list-inline-item upvote mr-0 click-upvoted-5107 "> <a href="" data-id="5107" data-filter="0" data-val="0"><span class="font-weight-bold">この回答に賛成</span></a> </li> </ul> <div class="pl-4 d-inline-block comment font-weight-bold"><a href="#disqus_thread">コメント</a></div> </div> </div> </div> </div> <span>New</span> <ul class="mb-0 list-inline tags-container "> <li class="list-inline-item tags text-capitalize mb-3"><a href="/insights/tags/phd" hreflang="ja">博士号</a></li> <li class="list-inline-item tags text-capitalize mb-3"><a href="/insights/tags/dissertation" hreflang="ja">学位論文</a></li> </ul> Wed, 01 Apr 2020 07:55:05 +0000 Editage Insights 5102 at https://www.editage.jp/insights 動物実験の限界について、どのように書けばいいですか? https://www.editage.jp/insights/how-do-i-write-about-the-limitations-of-animal-experimentation <span>動物実験の限界について、どのように書けばいいですか?</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/editage-insights" lang="" about="/insights/editage-insights" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype=""> Editage Insights</a></span> <span>2020/04/01(水) - 11:07</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5101&amp;2=follow" token="KUeqJFDv7JYggOYhQLjN3sLWQBAZbL4xW7SQBwpUF80"></drupal-render-placeholder> <div>研究の意義を否定しないようにしながら、その欠点を述べる方法を教えてください。</div> <ul class="mb-0 list-inline"> <li class="list-inline-item mr-0"><a href="/insights/categories/results-discussion" class="new_category font-weight-bold" hreflang="ja">結果/考察</a></li> </ul> <div>0</div> <div>Invisibility</div> <div> <div> <div class="answer-container pb-3 mb-4"> <div class="full-body mb-4 font-18-16 qna-desc"> <span class="qna-answer-prefix font-weight-bold float-left mr-1">回答: </span> <div><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><span><span><span><span>良い質問ですね。研究の意義を否定せずにその研究の欠点を挙げることこそが、研究の限界を述べるということになります。研究の限界を述べることは、著者が研究のポジティブな要素とネガティブな要素の両方を、どれだけ認識しているか、また、研究者としてどれだけ誠実であるかを示すことです。動物を扱う研究なら、査読者はその点を研究の限界として述べることを求めるでしょう。なぜなら、動物実験で得られる知見や治療法は、人間に転用できないケースが多いためです。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>また、専門分野(幹細胞、毒性、獣医学など)によっては、説明すべき特定の限界があるかもしれません。まずは、確認した限界をリスト化し、それぞれについて</span>1<span>~</span>2<span>行で説明しましょう(今後の研究で課題にどのように対処するかなど)。ただし、研究の意義を否定することにならないよう、書きすぎに注意しましょう。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span><strong>関連記事:</strong></span></span></span></span></p><ul><li style="margin:0mm 0mm 8pt"><span><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span><span><a href="https://www.editage.com/insights/what-are-limitations-in-a-study" style="color:blue; text-decoration:underline">What are the limitations of a study and how to write them?</a></span></span></span></span></li><li style="margin:0mm 0mm 8pt"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span><a href="https://www.editage.jp/insights/why-and-how-presenting-research-limitations-case-study" style="color:blue; text-decoration:underline"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US">研究の限界を示す理由とその方法:ケーススタディ</span></a></span></span></span></li></ul></div> </div> <div class="user-info-container d-flex mb-4"> <div class="user-pic-container w-8 mr-2"> <div class="avatar"> <a href="/insights/editage-insights"> <img src="https://cdn.editage.jp/insights/editagejp/production/styles/thumbnail/public/pictures/2019-01/editage-insights-pic.jpg?itok=afCmBAex" alt="avatar mx-auto white" class="rounded-circle" title=" Editage Insights" alt=" Editage Insights" width="32" height="32"/> </a> </div> </div> <div class="user-info w-75"> <p class="qa-link mb-05"> 回答者 <a href="/insights/editage-insights" class="qna_author"><span class="font-weight-bold mb-0 qna-gold-color"> Editage Insights</span></a> <span class="content-creation"> on 2020年04月01日 </span> </p> <div class="mb-05 font-14 user-short-desc"> </div> </div> </div> <div class="upvote-section dot-seperator qa-link"> <ul class="d-inline-block mb-0 list-inline upvote click-upvote click-upvote-5100 "> <li class="list-inline-item upvote mr-0 click-upvoted-5100 "> <a href="" data-id="5100" data-filter="0" data-val="0"><span class="font-weight-bold">この回答に賛成</span></a> </li> </ul> <div class="pl-4 d-inline-block comment font-weight-bold"><a href="#disqus_thread">コメント</a></div> </div> </div> </div> </div> <span>New</span> <ul class="mb-0 list-inline tags-container "> <li class="list-inline-item tags text-capitalize mb-3"><a href="/insights/tags/discussion-section" hreflang="ja">考察セクション</a></li> </ul> Wed, 01 Apr 2020 02:07:20 +0000 Editage Insights 5101 at https://www.editage.jp/insights 持続可能な未来へ:エネルギー変換効率を測定する新技術 https://www.editage.jp/insights/towards-a-sustainable-future-novel-technology-to-measure-energy-conversion-efficiency <span>持続可能な未来へ:エネルギー変換効率を測定する新技術</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/editage-research-communication" lang="" about="/insights/editage-research-communication" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="" content="researchcommunication@editage.com"> Editage Resea…</a></span> <span>2020/03/31(火) - 09:14</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5099&amp;2=bookmark" token="w4D32RpthsR3YKQ3hJ8E1aj3w-uLSSBVls-4Sn0w_-w"></drupal-render-placeholder><drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5099&amp;2=featured_in_home_page_slider" token="ByANDtFq8uyLkDjN3PpeA3MWXSzql4h4de3b602R61E"></drupal-render-placeholder> Tue, 31 Mar 2020 00:14:39 +0000 Editage Research Communication 5099 at https://www.editage.jp/insights 「我が子も私も、新生活を楽しみにしています」 https://www.editage.jp/insights/we-look-forward-to-a-beautiful-beginning-my-baby-and-i <span>「我が子も私も、新生活を楽しみにしています」</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/adejoke-bayowa" lang="" about="/insights/adejoke-bayowa" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype=""> Adejoke Bayowa</a></span> <span>2020/03/27(金) - 09:12</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5095&amp;2=bookmark" token="fOxDRvRBTRKfPFtU78xXliPt2TiILuEDMR-vDCjQBv0"></drupal-render-placeholder><drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5095&amp;2=featured_in_home_page_slider" token="8eYyuGaE1DOW84cTpd8E4aUlE68nhzWWVAJU6Llu6Lk"></drupal-render-placeholder> Fri, 27 Mar 2020 00:12:27 +0000 Adejoke Bayowa 5095 at https://www.editage.jp/insights インドネシアのプレプリントサーバーが閉鎖へ――資金不足で同じ道をたどるケースも https://www.editage.jp/insights/indonesian-preprint-server-to-close-other-regional-ones-face-similar-fate-due-to-lack-of-funds <span>インドネシアのプレプリントサーバーが閉鎖へ――資金不足で同じ道をたどるケースも</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/kakoli-majumder" lang="" about="/insights/kakoli-majumder" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype=""> Kakoli Majumder</a></span> <span>2020/03/26(木) - 08:50</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5094&amp;2=bookmark" token="awwlveFxe2uo8V5as0BMQ00PbYeJI0Loy7dXfvH0Ufs"></drupal-render-placeholder><drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5094&amp;2=featured_in_home_page_slider" token="GR-TtIZ6PpyOKyjNWIXkmDSvf6hYNt-XEJ887Ek4l4Q"></drupal-render-placeholder> Wed, 25 Mar 2020 23:50:59 +0000 Kakoli Majumder 5094 at https://www.editage.jp/insights 同じ対象者から、同時期に2つのデータ(A・B)を収集しました。それぞれを別の論文として投稿するのはサラミ論文になるでしょうか。 https://www.editage.jp/insights/is-it-salami-slicing-if-i-publish-two-papers-from-two-different-data-sets-taken-from-the-same-participants <span>同じ対象者から、同時期に2つのデータ(A・B)を収集しました。それぞれを別の論文として投稿するのはサラミ論文になるでしょうか。</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/editage-insights" lang="" about="/insights/editage-insights" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype=""> Editage Insights</a></span> <span>2020/03/25(水) - 22:16</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5093&amp;2=follow" token="iygm-A37hv_9tQDJl3xGhMoVR9yD-A8s7W8jIJdIWP4"></drupal-render-placeholder> <div>対象者と時期、分析手法は同じですが、AとBはそれぞれ独立したものです。</div> <ul class="mb-0 list-inline"> <li class="list-inline-item mr-0"><a href="/insights/categories/research-ethics" class="new_category font-weight-bold" hreflang="ja">研究倫理</a></li> </ul> <div>0</div> <div>Invisibility</div> <div> <div> <div class="answer-container pb-3 mb-4"> <div class="full-body mb-4 font-18-16 qna-desc"> <span class="qna-answer-prefix font-weight-bold float-left mr-1">回答: </span> <div><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:7.5pt; margin-left:0mm"><span><span style="background:white"><span><span><span style="color:#333333">同じデータセットから得られた結果は、一つの論文でまとめて発表するべきでしょう。同じデータセットから得られた結果を複数の論文に分けると、</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333"><a href="https://www.editage.com/insights/the-hazards-of-salami-slicing" style="color:blue; text-decoration:underline"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span style="color:#428bca">サラミスライス</span></span></a></span></span></span><span><span style="color:#333333">や分割出版とみなされる可能性があります。(</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333"><a href="http://www.icmje.org/recommendations/browse/publishing-and-editorial-issues/overlapping-publications.html" style="color:blue; text-decoration:underline"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span style="color:#428bca">重複出版に関する</span></span><span style="color:#428bca">ICMJE</span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span style="color:#428bca">のガイドライン</span></span></a></span></span></span><span><span style="color:#333333">をご参照ください。)</span></span></span></span></span></p><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:7.5pt; margin-left:0mm"><br /><span><span style="background:white"><span><span><span style="color:#333333">しかしながら、今回のケースでは、対象者・データ収集の時期・分析手法が同じでありながら、独立した</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333">2</span></span></span><span><span style="color:#333333">つのデータがあるとのことです。同じデータセットに基づいて</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333">2</span></span></span><span><span style="color:#333333">つの論文を出版することは、各論文のリサーチクエスチョンの焦点がまったく異なっていれば、問題とはみなされません。</span></span></span></span></span></p><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:7.5pt; margin-left:0mm; text-align:start; -webkit-text-stroke-width:0px"><br /><span><span style="background:white"><span style="box-sizing:border-box"><span style="font-variant-ligatures:normal"><span style="font-variant-caps:normal"><span style="orphans:2"><span style="widows:2"><span style="text-decoration-style:initial"><span style="text-decoration-color:initial"><span style="word-spacing:0px"><span><span><span style="color:#333333">例えば、同じ患者群から骨粗鬆症と脳腫瘍に関するデータを取得した場合、これらの独立した</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333">2</span></span></span><span><span style="color:#333333">つのデータセットを、異なる</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333">2</span></span></span><span><span style="color:#333333">つの研究に使うことができます。とはいえ、この点については、カバーレターと論文本体の両方で、完全な透明性を示すことがきわめて重要です。つまり、例えば脳腫瘍の治療に関するある薬の効果について論文を書く際は、全員の被験者が骨粗鬆症でもあるということを述べ、薬が骨粗鬆症に何らかの影響をもたらしたかどうかを述べる必要があります。同様に、骨粗鬆症に関する論文では、全員の被験者が脳腫瘍でもあることに触れなければなりません。さらに、データの収集と分析に同じ手法を用いていることから、</span></span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333">2</span></span></span><span><span style="color:#333333">論文の方法セクションを相互引用する必要があるでしょう。</span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></p><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:7.5pt; margin-left:0mm; text-align:start; -webkit-text-stroke-width:0px"><br /><span><span style="background:white"><span style="box-sizing:border-box"><span style="font-variant-ligatures:normal"><span style="font-variant-caps:normal"><span style="orphans:2"><span style="widows:2"><span style="text-decoration-style:initial"><span style="text-decoration-color:initial"><span style="word-spacing:0px"><span><span><span style="color:#333333">また、分野独自の要求事項に配慮する必要もあるかもしれないので、判断を下す前に、指導的立場の人や先輩研究者に相談してみることもお勧めします。</span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></p><p style="margin-top:0mm; margin-right:0mm; margin-bottom:7.5pt; margin-left:0mm; text-align:start; -webkit-text-stroke-width:0px"><br /><span><span style="background:white"><span style="box-sizing:border-box"><span style="font-variant-ligatures:normal"><span style="font-variant-caps:normal"><span style="orphans:2"><span style="widows:2"><span style="text-decoration-style:initial"><span style="text-decoration-color:initial"><span style="word-spacing:0px"><span><strong style="box-sizing:border-box"><span><span><span style="color:#333333">関連記事</span></span></span></strong><strong><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span><span style="color:#333333">:</span></span></span></strong></span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></span></p><ul><li style="text-align:left; margin:0mm 0mm 0.0001pt"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span style="box-sizing:border-box"><span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><a href="https://www.editage.com/insights/can-i-use-data-and-methods-from-my-previously-published-paper-if-i-cite-the-source" style="box-sizing:border-box; color:blue; text-decoration:underline"><span style="color:#428bca">Can I use data and methods from my previously published paper if I cite the source?</span></a></span></span></span></span></span></span></span></li><li style="text-align:left; margin:0mm 0mm 0.0001pt"><span><span style="background:white"><span style="color:#333333"><span style="tab-stops:list 36.0pt"><span style="box-sizing:border-box"><span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><a href="https://www.editage.jp/insights/is-it-ethical-to-submit-two-papers-using-similar-methods-but-different-materials-and-application" style="box-sizing:border-box; color:blue; text-decoration:underline"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span style="color:#428bca">方法のセクションが似ていて、材料と応用が異なる</span></span><span style="color:#428bca">2</span><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US"><span style="color:#428bca">本の論文を投稿しても問題ないですか?</span></span></a></span></span></span></span></span></span></span></li></ul></div> </div> <div class="user-info-container d-flex mb-4"> <div class="user-pic-container w-8 mr-2"> <div class="avatar"> <a href="/insights/editage-insights"> <img src="https://cdn.editage.jp/insights/editagejp/production/styles/thumbnail/public/pictures/2019-01/editage-insights-pic.jpg?itok=afCmBAex" alt="avatar mx-auto white" class="rounded-circle" title=" Editage Insights" alt=" Editage Insights" width="32" height="32"/> </a> </div> </div> <div class="user-info w-75"> <p class="qa-link mb-05"> 回答者 <a href="/insights/editage-insights" class="qna_author"><span class="font-weight-bold mb-0 qna-gold-color"> Editage Insights</span></a> <span class="content-creation"> on 2020年03月27日 </span> </p> <div class="mb-05 font-14 user-short-desc"> </div> </div> </div> <div class="upvote-section dot-seperator qa-link"> <ul class="d-inline-block mb-0 list-inline upvote click-upvote click-upvote-5096 "> <li class="list-inline-item upvote mr-0 click-upvoted-5096 "> <a href="" data-id="5096" data-filter="0" data-val="0"><span class="font-weight-bold">この回答に賛成</span></a> </li> </ul> <div class="pl-4 d-inline-block comment font-weight-bold"><a href="#disqus_thread">コメント</a></div> </div> </div> </div> </div> <span>New</span> <ul class="mb-0 list-inline tags-container "> <li class="list-inline-item tags text-capitalize mb-3"><a href="/insights/tags/salami-slicing" hreflang="ja">サラミ論文</a></li> <li class="list-inline-item tags text-capitalize mb-3"><a href="/insights/tags/duplicate-submission" hreflang="ja">重複投稿</a></li> </ul> Wed, 25 Mar 2020 13:16:04 +0000 Editage Insights 5093 at https://www.editage.jp/insights 「研究者が誤解されないようにすることは、きわめて重要です」 https://www.editage.jp/insights/its-very-important-to-ensure-that-researchers-are-not-misunderstood <span>「研究者が誤解されないようにすることは、きわめて重要です」</span> <span><a title="ユーザープロフィールの表示" href="/insights/editage-insights" lang="" about="/insights/editage-insights" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype=""> Editage Insights</a></span> <span>2020/03/25(水) - 09:03</span> <drupal-render-placeholder callback="flag.link_builder:build" arguments="0=node&amp;1=5092&amp;2=bookmark" token="k-OebWBmRAAYMVhqsOfC2r6XhdWqjB_ZVorbW3os6b0"></drupal-render-placeholder> <ul class="mb-0 list-inline"> <li class="list-inline-item mr-0"><a href="/insights/categories/industry-opinion" class="new_category font-weight-bold" hreflang="ja">業界オピニオン</a></li> </ul> <div>02</div> <div><a href="/insights/taxonomy/term/2341" hreflang="ja">マイケル・マトロス教授(EuroScience会長)へのインタビュー</a></div> <div class="mb-4 contet-body-image"><img src="https://cdn.editage.jp/insights/editagejp/production/styles/detail_page_image/public/Thumbnail%20Prof.%20Michael%20Matlosz_0.jpg?itok=Befsr1cf" title="" alt=""/></div> <div class="mb-05 date-views-container mt-3 mt-lg-0"> <span class="content-creation"> </span> </div> <div class="body-access-denied-paywall"><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><span><span><span><span>このインタビューでは、カクタス・コミュニケーションズ日本法人代表取締役の湯浅誠が、</span><a href="https://www.linkedin.com/in/michael-matlosz-b2156a27/?locale=en_US" style="color:blue; text-decoration:underline">EuroScience<span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US">会長のマイケル・マトロス(</span>Michael Matlosz<span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US">)教授</span></a><span>にお話を伺いました。</span><a href="https://www.editage.com/insights/we-dont-tell-researchers-organizations-and-policymakers-what-to-do-michael-matlosz-euroscience-president" style="color:blue; text-decoration:underline"><span lang="EN-US" xml:lang="EN-US" xml:lang="EN-US">インタビュー前半</span></a><span>では、研究者のための草の根の非営利組織「</span>EuroScience<span>」のビジョンと使命について伺いました。後半の今回は、昨今の学術出版の変化と、それが若手研究者に及ぼす影響についてお聞きします。マトロス教授は、従来のアプローチと新たなトレンドの間で若手研究者が板挟みになることを懸念しており、若手研究者に影響を及ぼし得る政策レベルの決定を下す前に、研究者の意見や希望を理解しておく必要があると主張しています。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>マイケル・マトロス教授は、カリフォルニア大学バークレー校で電気化学工学の博士号を取得後、華々しいキャリアを築いてきました。</span>1985<span>年からスイス連邦工科大学材料科学科で勤務した後、</span>1993<span>年からロレーヌ大学(フランス)に移り、現在は同大学で教授を務めています。また、</span>Fondation UNIT<span>会長、フランス技術アカデミー選任会員も務めています。さらに、フランス国立研究機構(パリ)の理事長兼</span>CEO<span>(</span>2014<span>~</span>2017<span>年)、欧州における研究および研究への資金提供に関わる主要機関の連合体である</span>Science Europe<span>の会長(</span>2015<span>~</span>2017<span>年)を歴任。そして</span>2018<span>年、</span>EuroScience<span>会長(任期</span>4<span>年)に就任しました。</span></span></span></span></p><p class="question" style=""><br /><span><span><span><b>EuroScience</b><b><span>は若手研究者との交流にも意欲的ですが、どのようなアプローチをとっていますか?</span></b></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><span><span><span><span>私たちは、</span>EuroScience<span>の未来と欧州全体の科学の未来は、システムに新たに入ってくる若い才能をどう扱うかにかかっていると考えています。オープンアクセス、科学的公正性、社会的説明責任などに関する、欧州での差し迫った議論についてはご存知かと思います。私自身、これらの議論や動向の背後にある原則に賛同しているということは明確にしておきたいのですが、同時に、これらの新たな課題や変革が波紋を起こすことによって、新たな規範や行動や働き方が生まれているということも認めなければなりません。そして、研究者がもっとも懸念している問題の</span>1<span>つは、これらの変化に評価システムや報酬システムがどのように適応すべきかについて、誰も議論していないということです。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>リスクを背負うのは若い世代の研究者です。若手研究者たちは、専門家としての新たな規範(オープンアクセスに関するものなど)という圧力に挟まれながら、従来の出版慣行に基づく価値観を持つ古い世代によって評価されることになります。この変革が適切に管理されない場合、科学慣行の新たなアプローチを支持しているという理由で若手研究者に不当な評価が下され、キャリアが妨げられ、「失われた世代」の研究者を生むことにつながってしまうでしょう。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>私は</span>EuroScience<span>の会長として、若手研究者を代表する団体と交流する必要性を強く感じています。実際、共通の課題や問題や懸念を持っている</span>Eurodoc<span>(欧州の博士候補者および若手研究者の評議会)とは、緊密に連携しています。協力することで、科学慣行の新たな枠組みへの移行を推進しつつ、改善できると考えています。</span></span></span></span></p><p class="question" style=""><br /><span><span><span><b><span>昨今の欧州の科学情勢の変化について、教授のご意見をお聞かせください。</span></b></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><span><span><span><span>少し残念に思っているのは、多くの場合、新たな取り組みを推し進めているのは科学者ではない人々だということです。研究者が誤解されないようにすることは、きわめて重要なことだと考えています。私はけっして、オープンサイエンスや科学的公正性や社会的説明責任に関する取り組みを否定しているわけではありません。しかし、取り組みを推進している人々は、研究者や科学者も人間であることを理解し、当事者たちへの敬意や配慮を忘れてはならないと思います。誰にも悪影響を及ぼさないような新たなルールを作るときは、科学者を含むすべての利害関係者の考えを把握しておくことが重要です。科学者の貴重な声を代弁する組織は多くないので、その意味で、</span>EuroScience<span>が負っている責任は大きいと思います。変革は、曖昧な計画のもとで実行するべきものではありません。変化から直接的な影響を受ける人々(今回の場合なら若手研究者)を関与させることがきわめて重要だと考えています。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>年長でより経験豊富な研究者は、変化に適応できないかもしれません。そうした人たちが引退すれば、新たな慣行は新世代に引き継がれるでしょう。しかし、その移行過程で、新世代のキャリアの展望を傷つけることがあってはなりません。最高の頭脳を持った人々にとって、研究が長期的キャリアとして魅力的な選択肢であり続けなければならないのです。才能豊かな人々を「失われた世代」にしてしまえば、そうした状況も失われてしまうでしょう。これこそ、私たちの取り組みが不可欠である理由です。私たちは、社会に貢献したいだけでなく、科学コミュニティが新たな制約や条件に適応できるよう支援したいのです。当事者たちの声に耳を傾け、その声を代弁することでしか、変化への適応をサポートする術はありません。新たなルールを課すだけでは不十分なのです。</span></span></span></span></p><p class="question" style=""><br /><span><span><span><b><span>教授は、さまざまな国の多様な人々と共に活動されています。それぞれの利害関係者の異なる要求に、どのように対処していますか?</span></b></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><span><span><span><span>まず理解しなければならないのは、欧州のすべての国が必ずしも欧州連合(</span>EU<span>)の一員ではないということです。</span>EuroScience<span>にとってこれが何を意味するかというと、</span>EU<span>非加盟国のスイスやノルウェーやアイスランド出身の科学者も、欧州の研究界の一部であるということです。</span>EuroScience<span>は、英国が将来的にどのような立場に立とうと、英国の研究者との強固なつながりを絶つことはありません。東欧諸国にも門戸を開いていますし、実際、最近ジョージアの組織が機関スポンサーになってくれました。</span>EuroScience<span>には、欧州の機関に属していない、ロシアをはじめとする欧州諸国の代表者も所属しています。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>これらの地域出身の科学者も、紛れもなく欧州の科学者です。</span>EU<span>つまり欧州の共同体と、欧州の科学を混同すべきではありません。欧州の科学は、欧州大陸に属するすべての国の貢献によって発展しています。各国が、研究に関する独自の政策、法律、アプローチを持っています。</span>2<span>つとして同じ国はないのです。この多様性こそ、私たちの財産です。私は、これらの違いを考慮し、尊重する必要があると考えています。ただ、多様性があると同時に、欧州大陸のすべての国の科学者に共通する問題もあると見ています。</span>EuroScience<span>では、そうした問題を特定し、研究者たちと協力しながらベストプラクティスと社会貢献を推進しようと努力しています。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>最近では、かつてよりもコラボレーションへの関心が高まっており、研究者たちは海外でのチャンスを積極的に探っています。欧州は地理的移動性に優れた地域ではありますが、注意すべき要素もあります。たとえば、社会福祉制度(とくに健康保険と退職関連の制度)は、欧州諸国間で異なります。これは大きな問題です。なぜなら、研究者が国境を超えて活動することは奨励されているものの、社会システムの違いのために、本人たちが何らかの不利益を被る可能性があるからです。これでは、私たちの努力が逆効果に働くことになり、研究者にとっても不都合です。こうした問題は科学とは無関係であり、外国での生活における社会状況に関するものです。</span>EuroScience<span>は、研究者の職場環境やキャリアの展望に焦点を当てているので、そうした議論で建設的な貢献を果たせるよう努力しています。私自身がたどってきたキャリアを思うと、この件については敏感にならざるを得ません。私は現在フランス人としてフランスに住んでいますが、生まれたのは米国で、キャリアをスタートさせたのはスイスでした。科学とはまさに国際的な営みであり、地理的流動性は科学的コラボレーションの大事な要素なので、私がたどってきたキャリアは決して珍しいものではないはずです。</span></span></span></span></p><p class="question" style=""><br /><span><span><span><b>EuroScience</b><b><span>は、欧州議会や欧州委員会などの行政・立法機関とも連携しています。これらの機関とはどのような対話をしているのでしょうか?</span></b></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><span><span><span>EuroScience<span>は、我々を重要な利害関係者とみなしている欧州委員会と強固な関係を築いています。私たちは、</span>Horizon 2020<span>プログラムや、新たな枠組みのプログラムである</span>Horizon Europe<span>への移行についても意見を述べています。これらのプログラムは</span>EU<span>が進めているものですが、</span>EU<span>非加盟国も協力会員として参加できる可能性があるため、より幅広いインパクトが期待できます。スイス、ノルウェー、アイスランドなどは財政面で</span>Horizon 2020<span>に貢献し、プログラムに直接関わっています。これらの国は厳密には</span>EU<span>の一員ではありませんが、</span>Horizon Europe<span>にも同様の貢献を果たしてくれるでしょう。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>科学者の活動に影響を与える取り組みは、欧州委員会の政策に影響されるため、欧州委員会との交流はきわめて重要であると考えています。欧州委員会はこの</span>22<span>年間(</span>EuroScience<span>が設立されて以来)、常に前向きで建設的な姿勢を崩さず、私たちが懸念やニーズや意見を表明する機会を提供し、こちらに耳を傾けてくれています。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>また、欧州議会の科学技術選択評価委員会(</span>STOA<span>)とも、非常にダイナミックで長期的な関係を築いています。</span>STOA<span>は、科学技術分野における選択肢の検討に専門的な関心を持ち、将来の科学技術への見通しと展望を持つ、欧州議会のメンバーで構成されたグループです。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span>STOA<span>および</span>STOA<span>が起ち上げた</span>Sciene Media Hub<span>とは定期的に連携し、科学コミュニケーションや科学ジャーナリズムに関する問題に対応しています。最近、</span>Sciene Media Hub<span>が主催する科学ジャーナリストのためのサマースクールに参加する機会があり、</span>EuroScience<span>の代表者として、人工知能がジャーナリストや科学ジャーナリズムに及ぼす影響について話をしました。</span></span></span></span></p><p class="question" style=""><br /><span><span><span><b><span>おもしろそうなお話ですね!今後予定しているイベントはありますか?</span></b></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><span><span><span><span>あります!来年は、連携企業と特別イベントを共催する計画を立てています。このイベントのコンセプトは、産業における科学の重要性にフォーカスすることです。産業部門で働く研究者と協力することは、学術コミュニティを支援する我々の取り組みを補完するものであると考えています。これこそが、産業部門における科学の主要な支援者である</span>Science Business<span>と協力関係を結んでいる理由です。</span>EuroScience Open Forum<span>(</span>ESOF<span>)では、すべての主要利害関係者たちが全方位的に交流できるよう努めています。</span>ESOF<span>のフォーラムには、欧州委員会、欧州議会、</span>EU<span>加盟国およびその他の欧州諸国の代表者が出席します。また、学術界と産業界の研究者、科学ライター、ジャーナリスト、コミュニケーター、政策立案者、関心を持つ一般市民なども参加します。</span></span></span></span></p><p class="question" style=""><br /><span><span><span><b>EuroScience</b><b><span>の最大の課題は何ですか?</span></b></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><span><span><span>1997<span>年に</span>EuroScience<span>が誕生したときは、米国の科学振興協会(</span>AAAS<span>)の欧州版を作ることが目的でした。しかし、</span>EuroScience<span>の規模は</span>AAAS<span>よりもはるかに小さいので、大きなことは言えません。私たちの現在の最大の課題は、会員を大幅に増やし、会員との関係を維持し続けることです。</span>AAAS<span>の会員数に追いつくことは難しいかもしれませんが、</span>AAAS<span>は設立から</span>150<span>年が経過しているのに対し、</span>EuroScience<span>はまだ</span>20<span>年を少し過ぎた程度です。</span>150<span>年後には、私たちも</span>AAAS<span>と同等かそれ以上の組織になっているでしょう。短期的にメンバーを大幅に増やす努力が必要です。</span>ESOF<span>のイベントには、毎回数千名の科学関係者が参加してくれています。参加者たちとの交流を強化し、長期的な関係を構築していく必要があるでしょう。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><span>ただ、エンゲージメントは容易ではありません。</span>EuroScience<span>には約</span>3000<span>人の会員がいますが、全員が活動しているわけではありません。これは、我々のような組織ではよくあることです。多くの人は、意義を感じたことには自発的に取り組みますし、重要であると感じれば、時間やエネルギーを注いでくれます。これは、すべての会員がボランティアである</span>AAAS<span>のような巨大組織であっても同様です。したがって、真の課題は、これらのボランティアを引き込み、使命に沿った活動の推進に必要な専門的資質を維持できるグループを形成することです。私たちは、会員の懸念を解消するために、</span>EuroScience<span>の活用を促す方法を探っています。</span>EuroScientist<span>という小規模ながら好評のウェブマガジンを運営しており、毎月</span>8000<span>~</span>1<span>万人に読まれています。これは、会員にとって重要な事柄に関する意見を共有するための、気軽なプラットフォームとして機能しています。</span></span></span></span></p><p style="margin:0mm 0mm 8pt"><br /><span><span><span><b><span>マトロス教授、素晴らしいインタビューをありがとうございました!</span>EuroScience</b><b><span>の使命を全うするための情熱に、勇気づけられました!</span></b></span></span></span></p></div> <ul class="mb-0 list-inline tags-container "> <li class="list-inline-item tags text-capitalize mb-3"><a href="/insights/tags/science-engagement" hreflang="ja">サイエンスエンゲージメント</a></li> <li class="list-inline-item tags text-capitalize mb-3"><a href="/insights/tags/policymaking" hreflang="ja">政策立案</a></li> </ul> <span>New</span> Wed, 25 Mar 2020 00:03:37 +0000 Editage Insights 5092 at https://www.editage.jp/insights