現在地

お気に入りのコンテンツを保存できるライブラリーを作成するためにエディテージ・インサイトに登録しましょう。

学術業界ニュース

学術出版界は、エキサイティングでダイナミックな業界です。このセクションでは、世界各地から集めた、学術出版に関する最新情報をお届けします。
国際共同研究の論文数、中国が世界第3位に
閲覧済み
中国の科学技術は驚くべき勢いで発展を続けており、論文出版でも世界をリードする国の1つとなっています。あるレポートでは、中国の国際共同研究による学術論文の出版数が、世界で3番目に多いことが明らかにされました。
Sci-Hub、エルゼビアに対する著作権侵害で1500万ドルの賠償を命じられる
閲覧済み
米連邦地方裁判所は2017年6月、学術論文の海賊版を無料で提供するウェブサイト、Sci-Hubに対し、エルゼビアに1500万ドルの賠償金を支払うよう命じました。エルゼビアは、科学・技術・医療情報を提供する世界最大手の出版社で、Sci-Hubで公開されている論文数がもっとも多い組織の1つです。
中国政府が研究不正の取り締まり強化を発表
閲覧済み
2017年5月、中国人著者と研究機関が関与した107本の論文の撤回をシュプリンガーが発表し、中国学術界に衝撃を与えました。この問題を受け、中国政府は、研究不正を抑え込むための厳格な方策を打ち出し、その第一歩として、研究不正を一切容認しない方針を掲げました。
アクシオス・レビュー、査読サービス事業からの撤退を発表
閲覧済み
独立査読機関のアクシオス・レビュー(Axios Review)は今年2月、3月1日をもって業務を停止し、以後の査読依頼を受け付けないことをTwitterで発表しました。アクシオス・レビューの創始者/マネージング・エディターは、今回の決断の理由を「会社を運営していくのに十分なだけの査読依頼はありましたが、むしろその量に対応し続けることが難しくなってきました」と説明しています。
データ共有を拒んだ著者の論文査読を拒否:査読者の対応に賛否
閲覧済み
心理学の分野で起きている、データシェアリングと透明性に関する論争が、再び世間の注目を集めています。米国心理学会(APA)が発行するジャーナルのある顧問編集者が、元データの共有を拒んだ著者の論文の査読を拒否したことを理由に、辞職を迫られています。
シュプリンガーが中国人著者による論文107本を大量撤回
閲覧済み
シュプリンガーは今年4月、107本の論文の撤回を発表しました。査読に大きく依存している学術出版界において、出版のプレッシャーに耐えきれなくなった著者が不正行為に走ってしまうことは、珍しくありません。
引用分析のパイオニア、ユージーン・ガーフィールド氏が死去
閲覧済み
研究評価方法の指針を全世界に示したことで学術界に名を刻んだ引用分析のパイオニア、ユージーン・ガーフィールド氏が、2017年2月26日に91歳で死去しました。同氏が提唱したジャーナル・インパクトファクターは、当時の学術界に衝撃を与えました。
米国立衛生研究所、研究者への助成金に制限を設ける新方針を発表
閲覧済み
米国立衛生研究所は、研究者が受け取れる助成金に制限を設けるための点数制度を導入する計画を明らかにしました。これについて同所は、若手や中堅の研究者がより助成金を受けやすくするための措置であると説明しています。
世界中の科学サポーターが「マーチ・フォー・サイエンス」に集結
閲覧済み
科学者たちは長い間、研究室にこもって一般社会と繋がりを持とうとしないとして非難を受けてきました。しかし、世界中の科学者、科学支援者、科学ファンたちが「マーチ・フォー・サイエンス」でともに行進を行えば、このような風潮にも変化が見られるかもしれません。
トランプ政権、気候変動に関するパリ協定からの離脱を宣言
閲覧済み
ドナルド・トランプ米大統領は、2年前に成立したばかりの気候変動の取り組みに関するパリ協定からの離脱を宣言しました。この決定は、国内外のさまざまな機関から強い反発を引き起こしています。

ページ