2014年フィールズ賞の受賞、おめでとうございます!

2014年フィールズ賞の受賞、おめでとうございます!

公式には、数学における顕著な発見に贈られる国際的な賞として知られているフィールズ賞は、4年に一度開かれる 国際数学者連合(International Mathematical Union (IMU))の国際会議において授与される誉れ高い賞です。数学に重要な貢献をした40歳以下の数学者、2名以上4名以下に授与されます。
優秀な若手を評価することで知られる、この名誉ある賞は「数学者のノーベル賞」としばしば称されています。カナダの数学者ジョン・チャールズ・フィールズ(John Charles Fields)によって創設され、15,000カナダドル(13,700米ドル)の副賞も与えられます。
 

IMUのウェブサイトで 公表されている 受賞者の詳細情報は次の通りです。

 

1. スタンフォード大学(カリフォルニア州)のマリアム・ミルザハニ(Maryam Mirzakhani)氏
受賞理由:「リーマン面とそのモジュライ空間の力学と幾何学(“the dynamics and geometry of Riemann surfaces and their moduli spaces”)」における業績です。初の女性受賞者でもあります。

 

2. ジュシュー数学研究所(パリ)のアルトゥル・アビラ(Artur Avila) 氏
受賞理由:「その分野を一変させた力学系理論への深遠な貢献(“profound contributions to dynamical systems theory have changed the face of the field”)です。

 

3. プリンストン大学(ニュージャージー州)のマンジュル・バルガバ(Manjul Bhargava )氏
受賞理由:「数の幾何において新しく効果的な手法を開発した(“has developed powerful new methods in the geometry of numbers”)」ことにより受賞しました。

 

4. ウォーリック大学(イギリス)のマルティン・ハイラー(Martin Hairer )氏
受賞理由:「確率偏微分方程式理論への顕著な貢献(“has made outstanding contributions to the theory of stochastic partial differential equations”) 」により授与されました。

 

受賞者と彼らの業績については、ネイチャー誌のこの 記事 とIMUのウェブサイトに、より詳しい情報が掲載されています。 受賞者の皆さん、おめでとうございます!

2014年ショウ賞受賞者についても、詳しい情報を読んでみませんか?
 

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

[site:name]は現在メンテナンス中です。作業中は、ログインや登録などの一部のサイト機能が利用できない場合があります。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください