トムソン・ロイター、Journal Citation Reports(JCR)2016をリリース

シリーズ:
パート
01
-
トムソン・ロイター、Journal Citation Reports(JCR)2016をリリース

トムソン・ロイターの知的財産・科学事業部門(Intellectual Property(IP) & Science business of Thomson Reuters)から、2016年のJournal Citation Reports®(JCR)が公開されました。JCRは、査読付き論文の評価において世界最大の影響力を誇るリソースで、ジャーナルインパクトファクター(Journal Impact Factors、JIF)など、ジャーナル評価指数の年次データを掲載しています。JCRの評価は、インパクト指標、影響力指標、Web of ScienceTMの引用データ、および科学・社会科学・芸術・人文科学における業界有数の引用指標ネットワークに基づいて行われます。インパクトファクター(IF)のランキングシステムは、過去2年間における各誌の平均的論文の被引用回数に基づいています。

2016年版では、2015年分から、インパクト指標と影響力指標が組み合わされたデータを見ることができます。JCRには、科学・社会科学の234分野、81ヶ国、11365誌という広範囲におよぶ情報が含まれています。今回発表されたレポートには、新しいカテゴリーとしてGreen & Sustainable Science & Technology(環境/サステイナビリティ科学/技術)が追加されました。

今回初めてIFが算出されたジャーナルは合計239誌でした。IFが2015年から上昇したジャーナルは57%、低下したジャーナルは42%でした。IFが最も高いジャーナルはCA:A Cancer Journal for Cliniciansで、その値は131.723と驚異的です。オープンアクセス(OA)誌で最もIFが高かったのはLiving Reviews in Relativity(32.000)、また新しいジャーナルで最もIFが高かったのはMorbidity and Mortality Weekly Report(10.588)でした。JCRによると、レポートの整合性を保つために18誌が除外されましたが、これらは1年間の見直しの後に再評価される予定です。

JCRは1975年に初めて発表され、今年で41年目を迎えました。透明性を高め、データへのアクセスを増加させるため、トムソン・ロイターは昨年、Journal Impact Factor Percentile(ジャーナル・インパクトファクター・パーセンタイル)やNormalized EigenfactorTM(正規化アイゲンファクター)、Open Access Filter(オープンアクセス・フィルター)などを追加して、JCRを強化しました。

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください