クラリベイト・アナリティクス社、Journal Citation Reports(JCR)2017をリリース

クラリベイト・アナリティクス社、Journal Citation Reports(JCR)2017をリリース

クラリベイト・アナリティクス社は先日、待望のJournal Citation Reports (JCR)2017を公開しました。この中には、被引用数の多い査読付き論文などに関する情報が含まれており、その評価は、インパクト指標、影響力指標、およびWeb of Science(33,000誌以上の引用情報を含む総合ネットワーク)の引用データに基づいて行われます。JCRは、平均的な論文の過去2年間の被引用回数に基づいて算出されるジャーナルインパクトファクター(JIF)のソースでもあります。


JCR2017は、2016年における科学・社会科学の論文引用データをまとめたものです。以下は、同社によるプレスリリースの要点をまとめたものです:
 

  • JCRには、11,459誌、236分野、81ヶ国のデータが含まれている。
  • 今年初めてJIFが算出されたジャーナルは132誌。
  • 数年間に渡ってJIFが上昇し続けているジャーナルは全体の66%(33%は低下)。
  • JIFがもっとも高かったジャーナルとオープンアクセスジャーナルはそれぞれ、Quarterly Journal of Economics (99.856)と Lancet Global Health(99.699)。[( )内はパーセンタイル値]
  • JIFの総合スコアがもっとも上昇した分野はロボット工学。 


JCRには、InCites(Web of Scienceのデータを基にしたウェブベースの統合型プラットフォーム)からアクセスできます。クラリベイト・アナリティクス社のプレスリリースによると、研究機関は、JCR Journal Impact Factorの四分位値を利用して、所属研究員の論文の影響度を評価することができます。この値は、InCites Benchmarking & Analyticsに追加されることになっています。


関連記事: 

トムソン・ロイター、Journal Citation Reports(JCR)2016をリリース

インパクトファクター関連記事集 

変わりゆく学術界におけるインパクトファクターの”インパクト”

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください