2014 年ノーベル生理学医学賞は脳の「場所細胞」の発見へ

2014 年ノーベル生理学医学賞は脳の「場所細胞」の発見へ

2014年のノーベル生理学・医学賞は、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのジョン・オキーフ(John O’Keefe)氏と、トロンハイムにあるノルウェー科学技術大学のモーザー博士夫妻(May-Britt MoserEdvard Moser )に、脳の位置情報システムを構築する細胞の発見(ストックホルムのカロリンスカ研究所ノーベル賞選考委員会からの引用による)を受賞理由に、授与されました。興味深いことに、夫妻であり共同受賞者であるモーザー夫妻は、ロンドンにあるオキーフ氏の研究所で教育を受けていました。賞金はオキーフ教授とモーザー夫妻とで半分ずつ受け取ることになっています。

 

彼らは、「場所細胞(place cells)」 と「格子細胞(grid cells)」を発見しました。これらは、外的空間についての地理学と、動物の脳についての地理学の間にあり、動物がメンタルマップを作るのに役立つ、ある種の関係を指しています。私たちが自分の周りの空間を地図に書いたり動き回ったりするときナビゲートするのに役立つ脳細胞の証拠が、彼らによって発見されたのです。場所細胞は、動物が自分の周りの環境を地図にしようとするとき活性化する、海馬にある神経細胞です。これに対し、格子細胞は、嗅内皮質(海馬とつながっている領域)に位置し、メンタルマップを作ります。 

 

こうして、彼らは脳における「内在GPS」システムを発見し、私たちが自分の居場所をどうやって知るか、というミステリーを解き明かしたのです。ノーベル賞選考委員会は次のように述べています。
「脳の位置情報システムの発見は、高次の認知機能を行うためには、特殊化された細胞のアンサンブルがいかに協力しあっているかに関するわれわれの理解における、パラダイムの転換を表している。記憶、思考、計画といった、他の認知プロセスへの新たな道を開いた
」。

この研究成果は、場所細胞と格子細胞が影響をうける可能性があるアルツハイマー病などの神経変性疾患の進行について理解するのに役立ちます。 

 

スウェーデンの発明家アルフレッド・ノーベルが設立したノーベル賞は、ノーベル氏の遺言状に書かれているように、「人類に多大な恩恵をもたらした」個人に授与されるため、世界中の科学者に切望され認知されている賞です。ノーベル賞は、毎年、文化および・もしくは科学の進歩への貢献への功労として、様々な分野の学者に与えられています。受賞者は、金メダルと、ノーベル基金が決めた賞金を受け取ります。2012年には、120万ドルでした。

誰もが受賞者の告知をはやる思いで待っています。私たちが学者として一番興味を持っている分野は、ノーベル生理学、物理学、化学、経済学賞です。このサイトに注目し、最近のノーベル賞受賞者、各分野への彼らの貢献、その他の関連情報について最新情報をお見逃しなく。

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください