ワークショップ: 韓国にてエディテージ主催のワークショップを開催

韓国にてエディテージ主催のワークショップを開催

2014年1月韓国にて、エディテージは研究者とジャーナル編集者のためのワークショップ・シリーズを主催致しました。エディテージのトレイナーであるエリザベス・ウェイガー氏によってワークショップは行われ、200人以上の研究者とジャーナル編集者に参加して頂きました。ワークショップのトレーニングを通して、ウェイガー氏は研究者とジャーナル編集者両者に関連のあるトピックについてカバーしました。

「受理率のチャンスを高めるピアレビューへの理解について」のワークショップは3時間にもわたりました。セッションの間、ウェイガー氏は研究者が論文出版を行う際に必要なこと、ピアレビュープロセスにおけるプレイヤーについて、ジャーナルが求めるものなどについて話しました。また研究者がどのように論文出版を計画し、準備すべきか、正しいジャーナルの選び方、説得力のあるカバーレターの書き方、査読コメントへの返答などについて議論しました。

「科学論文の書き方と受理率のチャンスを高めるピアレビューへの理解について」のセッションは2つのパートに分けられました。前半、論文出版計画における研究者へのアドバイスと題して、研究論文の異なる見方を研究者に示し、また研究論文を書くときに彼らが避けるべきミスをあげました。
後半では、ウェイガー氏はピアレビューのプロセス、異なるピアレビューシステムや、ジャーナルの期待への理解、ジャーナルを特定時に気をつけたい事実などについて焦点を当てました。

また別のワークショップ「著者資格、寄与者資格、ピアレビューの代替システム」は、ジャーナル編集者を体表に行い、著者資格の基準や責任、著者選択、グループオーサーシップなどについてのディスカッションを行いました。セッションの間、ウェイガー氏はピアレビューの代替システム、伝統的なピアレビューのシステム、ジャーナルのコンソーシアなどについて話しました。
 

ワークショップを通じて、参加者の皆さんには、論文の書き方から査読プロセスにいたるまで、論文出版に関する幅広いトピックについて知識を深めていただきました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください