Tags

エディテージ

最新

新型コロナによるロックダウン期間中を利用して論文を書く研究者が増え、投稿数が増えることが見込まれています続き
ここ数年、学術界のメンタルヘルスへの注目度が高まっています。研究がきわめてストレスのかかる仕事であることは昔から知られていましたが、これまで続き
中国は、これまで研究界で世界をリードしていた西洋諸国に取って代わり、世界でもっとも多くの研究論文を出版している国になりました。そこで私たちは
臨床試験の準備中や実施中の注意点には、どのようなものがあるでしょうか? このスライドでは、研究プロトコルの作成
エディテージが約 7000 人の研究者から学術出版に関する意見を集めたグローバルアンケートの最後の項目に、続き
研究者が業績を伝えるタイミング、その伝え方、伝える相手を理解するために、 Kudos がオンライン調査を開始しました。続き
登場して 10 年以上がたつオープンアクセス (OA) というコンセプトは、世界の出版の様相を徐々に変えてきました。 OA続き
投稿論文と出版論文の数が急激に伸びる中、出版サイクルの短縮を目指す出版社にとって、自動化は喫緊の課題となっています。エディテージはこのほど続き
エディテージは大会参加費込みのトラベルグラントの提供を通じ、東アジアのジャーナル編集者に、 ISMTE 2018 北米年次大会もしくは続き
人気
エディテージは、東アジア地域のジャーナル編集者を対象に、国際編集者会議(ISMTE)の2017年の第10回北米続き