査読者になるには:若手研究者へのアドバイス

査読者になるには:若手研究者へのアドバイス

若手研究者は、学術界での成功を目指す中で、自分の知識・能力・熱意を示す機会を常に求めています。査読者になることは、成功をつかむための重要な一歩です。査読は、若手研究者のキャリアをどのように発展させてくれるのでしょうか?査読者になるにはどうすればよいのでしょうか?今回の記事では、これらの問いへの回答とともに、査読者になることを目指す若手研究者に役立つ、さまざまなアドバイスをお届けします。


まず、「新米研究者が査読者を目指す理由は?」というもっとも重要な問いから始めましょう。査読者になるということは、分野の専門家として認められるということです。これは、若手研究者の経歴や評価に多大なメリットをもたらします。査読者として名が知れることは、それ自体が功績になり、成功をつかむための足掛かりとなり得るのです。それだけでなく、査読者になれば分野の最新情報に触れられるため、知識の幅が広がります。また、若手研究者にとってネットワークの構築は非常に大切ですが、査読者になれば、ジャーナル編集者や分野の研究者と交流する絶好の機会を得られます。このため、多くの若手研究者やポスドクが、査読者として招待されることを期待しているのです。


1. 論文を出版する


一人前の研究者として名を知られるためのもっとも明快で合理的な方法は、質の高い論文を出版することでしょう。良質の論文を何本か出版した経歴があれば、査読者を探している編集者の目に付きやすくなります。論文を何度も出版したことのあるジャーナルがあれば、似たテーマの論文が投稿されてきたときに、査読者候補として検討される可能性は高くなるでしょう。同じ分野の研究者から、査読者として推薦されることもあるかもしれません。質の高い論文を出版し続けていれば、あなたがその分野のトレンドを把握していて、専門的基準を満たしていることが編集者に伝わります。被引用数が高ければ、露出や評価はさらに高まるでしょう。そのためにも、PubMedなどのデータベースを利用する編集者の目に付きやすいように、論文には効果的なキーワードとタイトルを付けるよう心掛けましょう。


2. 指導教官や上司に相談する


査読者を目指す若手研究者には、指導教官や上司が大きな助けになってくれることもあるでしょう。そのような立場の人なら、編集者とのつながりがあるので、編集者やその関係者への推薦や紹介をしてくれるかもしれません。指導教官や上司自身が編集者を務めているなら、査読に関心を持っていることを伝えれば、査読者として考慮してもらえる可能性もあります。この場合は、査読の作法に関するアドバイスや助言が得られるというメリットも。これは、正規の査読教育が不足している現状において、大きな助けとなるはずです。


3. ジャーナル編集者と積極的にコンタクトを取る


ジャーナル編集者から発見されるのをただ待つよりも、査読者になることに興味があることを自ら編集者に伝えるという大胆な方法もあります。学会の場などで、分野の編集者に話しかけてみましょう。編集者たちは、若手研究者のフレッシュな視点を取り入れることに意欲的なので、熱意が伝われば、共同査読者や単独査読者としてオファーを出してくれる可能性は十分にあります。また、査読者になることへの熱意を述べたメールを編集者に送るという方法もあります。その際は、自分の経歴や出版業績も伝えましょう。メールを送る前にジャーナルの査読者向けガイドラインに目を通し、ジャーナルが査読者に何を求めているかを把握しておきましょう。


4. 査読者になるためのその他の方法


査読は、ジャーナル論文の査読に限りません。F1000Research誌をはじめとする多くのジャーナルやPubMedなどのプラットフォームは、出版後査読システムを採用しています。これは、サービスに登録したユーザーが、出版論文に自由にコメントができるシステムで、若手研究者が建設的なコメントをして査読スキルを磨くための絶好の場といえるでしょう。このプラットフォームでは、さまざまな研究者が参加するディスカッションに飛び込むこともできます。ここで重要なのは、このプラットフォームを利用する研究者の多くが、匿名での参加を望んでいるという点です。したがって、あなた自身も匿名でこのサービスを利用するかどうかを決める必要があります。また、査読スキルを磨くには、ブログなどで出版論文の批評記事を発信することも有効です。


ジャーナル編集者は、査読者候補をできるだけ多く確保しておきたいと考えています。そして、多くの編集者が若手研究者を求めています。なぜなら、若手研究者は依頼を受け入れる可能性が高く、自らの能力を証明しようとの熱意から徹底した査読を行い、率直に意見を言う傾向があるからです。このチャンスを活かして、査読者への階段を登りましょう。ただし、査読者になることの責任もよく心に留めておきましょう。


関連記事:査読初心者へのアドバイス

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください