Tags

査読者向けリソース

最新

科学 研究の妥当性を検証する査読は、学術出版に欠かせないプロセスです。しかし、若手研究者をはじめとする多くの研究者は続き
査読は、論文の正確性、信頼性、堅牢性を裏付け、研究の整合性にお墨付きを与えるものです。査読者としての自分をアピールして認知度を高め続き
ピアレビュー・ウィーク2021では、「査読におけるアイデンティティ」をテーマに掲げ、「人」に注目します続き
査読依頼を受ければ、研究者としての評価が高まり、キャリアアップにつながることは確かですが、依頼を断った方がよいケースもあります
質の高い査読は、研究の門番として、2つの役割を果たすことができます。1つは、編集者が論文の取扱いを決定する際の参考情報を提供すること続き
人気
新米著者に、論文を執筆して知識や専門性を還元することの重要性を説くことはあっても続き
Becoming a peer reviwer is a job of great resposibility and one must
学術出版界における「ハゲタカ」と言えば、金銭的利益を得る目的で論文を出版する出版社やジャーナルを思い浮かべる人が多いと思います。しかし続き
人気
査読とは、研究テーマや適用された方法に関する専門知識を持つ学者 (peer) が、研究の評価 (review) を行うことです続き
人気
2016年Sentinels of Science(科学の門番)賞を受賞。医学統計学の教授や上級講師として、ルンド大学(スウェーデン