質問: 論文出版前に知っておくべきことを教えてください。

質問の内容 -
研究を始めたばかりの者です。論文を書いて発表する前に、学術出版について知っておくべき重要事項はありますか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

学術出版について研究者の誰もが知っておくべきもっとも重要なことは、出版倫理です。論文を発表するときは、以下のことを避けるようにしましょう:


剽窃:他の論文からアイデアを借りた場合は、必ず出典を明記しましょう。出典を明記しても、そのままコピーしてはいけません。パラフレーズ、つまり、自分の言葉で書き換えるよう心がけましょう。


自己剽窃:発表済みの自分の論文から素材を利用する場合も、出典を示して書き換えなければなりません。さもないと、自己剽窃とみなされてしまいます。


同時投稿:論文は、1度に1つのジャーナルにしか投稿できません。論文がリジェクトされた場合は、ほかのジャーナルに投稿することができます。投稿した論文を取り下げてから、別のジャーナルに投稿することもできます。ただしそれができるのは、最初のジャーナルから取り下げの確認を取ってからです。


• 二重投稿、著者資格 (オーサーシップ)、利益相反なども、認識しておくべき倫理的問題です。


倫理的な問題以外にも、知っておくと原稿の執筆や出版プロセスがスムーズになることがいくつかあります:


• ターゲットジャーナルを前もって決めて、著者向けのガイドラインを読み、このガイドラインに従うようにしましょう。


• 自分の専門分野の文献を読む習慣をつけましょう。自分で論文を書く際に使うべき文体が身につき、文献レビューにも役立ちます。


• あらかじめ出版計画を立てておくと、予定通りに論文を書き上げて投稿するのに役立ちます。


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。