質問: 重複?自己盗用?でしょうか?

質問の内容 -
私の所属する施設で新しい計測方法を用いて得られた超音波データを報告し掲載されました(研究A)。症例数増加、多検者での計測で得られたデータを検討するという目的で多施設共同研究を行いました。多施設共同研究に研究Aのデータを組み込むことは倫理的に間違った行為なのでしょうか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

ご質問内容から、経緯を以下のように理解しました:

  • 同じ研究分野(超音波データ)と、おそらくリサーチクエスチョンで、2本の論文を出版する予定。すでに出版されている最初の研究は単独の研究だったが、2つ目の研究は共同研究として行なった。
  • 最初の研究では新しい計測方法を使っており(それを2つ目の研究でも使ったのかどうかは不明)、そのデータを2つ目の研究でも使おうとしている。おそらく、研究の背景や考察で使うつもりである。
  • 新しい計測方法(最初の研究で使ったもの)によるデータかどうかということと、共同研究ということは別として、2つ目の研究は、主にデータ量という点で最初の研究と大きく異なる。2つ目の研究では、「多くの被験者におけるより多くの症例数」からデータを得られた。


この理解で正しければ、二重投稿と自己剽窃になってしまう可能性があるでしょう。具体的には、サラミ法とみなされる可能性があります。サラミ法とは、論文数を水増しするために、大規模な研究を小規模な研究に分割して複数の論文を出版することです。いずれにしても、今回の研究を2本の論文に分ける根拠が見当たらないように思われます。2本の論文を出版する理由として唯一考えられるのは、新しい研究方法を、2本の論文でどの程度使っているかという点でしょうか。


私たちが理解している範囲では、2つ目の論文を、最初の論文の補遺とすることを提案します。その方法をとる場合は、ジャーナル編集者に意向を伝え、具体的にどうすればよいか相談しましょう。また、2つ目の論文には共著者がいるので、その人たちにも知らせる必要があります。


以下の記事も参考になるかもしれません:


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。