学術誌”Nature Nanotechnology”:概要と投稿時のアドバイス

学術誌”Nature Nanotechnology”:概要と投稿時のアドバイス

 

 

目的と
研究領域

  Nature Nanotechnologyは、ナノサイエンスとナノテクノロジーの全領域における、     質と意義が極めて高い論文を掲載している。対象となる研究には、原子、分子、高分   子レベルでの材料および現象の操作と制御(コントロール)に関する構造・デバイス・     仕組みのデザイン・特性・作成が含まれる。作成手法は、ボトムアップ型、トップダウ   ン型、両者を組み合わせたものを対象とする。

  本誌は、化学、物理学、材料科学、生物医学、工学等の分野における意欲的な研究   者間のコミュニケーションの活性化を促す。

  研究領域として、物理学、化学、生物学における基礎研究が該当し、コンピューター     操作とシミュレーション、および広範な産業部門(情報工学、医療、製造、高性能材     料、エネルギー・環境工学等)での応用が見込まれる新しいデバイスとテクノロジー     の研究が含まれる。材料は、有機・無機・ハイブリッドがすべて対象となる

出版社

  ネイチャー・パブリッシング・グループ 

発行頻度

  月刊

編集者
情報       

  編集長: Fabio Pulizzi

  シニアエディター:

  • Ai Lin Chun
  • Owain Vaughan
  • Alberto Moscatelli
  • Elisa De Ranieri

  編集チームの詳細: http://www.nature.com/nnano/authors/about_eds/index.html

  Eメール: naturenano@nature.com

 

編集方針と出版に関する重要事項

 

査読プロセス

初回査読

投稿された論文は、まず主任編集者が目を通す。主任編集者は他の編集者と相談し、その論文を査読(ピアレビュー)に進めるかどうかを決定する。本誌には外部の編集委員会が存在しないため、該当分野における論文の意義が不明確な場合は、外部の専門家の意見を求めることもある。論文を査読に進めることが決まったら、Eメールで著者にその旨を通知する。


査読(ピアレビュー)

投稿時、著者は査読者にふさわしいと考える科学者を推薦することができる。また、査読者にふさわしくないと考える科学者を通知することができる。著者に対しては、査読者の匿名性が守られる。


最終査読

編集者が査読報告書を受け取り、論文を受理するか、掲載を拒否するか、あるいは修正の機会を与えるかどうかを決める。本誌の編集は、他のネイチャー誌から独立している。

 

投稿規定

 

役立つリンク集

 

インパクトファクターとランキング

  • インパクトファクター:  33.265 (2013 ISI Journal Citation Reports)
  • ランキング: ナノサイエンスとナノテクノロジー分野の全学術誌中1位 

 

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


このコンテンツは「ジャーナルを選ぶ」ステージに属しています。

論文が仕上がりましたか?エキスパートによる無料の個別コーチングを受けて、優れた論文投稿パッケージを準備しましょう。