質問: 査読状況問合せ後に返事が来ないときどのようなメールを出せば良いか

質問の内容 -
以前、「投稿した論文の審査状況が変わらない」という旨の問い合わせをジャーナルに対して行いました。 その時点でジャーナルからは、「編集者に問合せ中であり、返事が来次第連絡をする」と言われました。 しかし、それから二週間超連絡がありません。もちろん査読状況も変化していません。 そこで、ジャーナルに対して確認(リマインダーとして)の連絡をしたいと考えているのですがどのようなメールを打つのが丁寧で適当なのでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

ジャーナルとのやり取りは、必ずしもスピーディーに進むとは限りません。とはいえ、フォローアップのメールを送ることで、さらなる遅れを防ごうとするのは悪いことではありません。短く簡潔な文面で、「編集者に問い合わせはできたか、編集者から返事は来たか」を尋ねてみましょう。また、「自分の原稿に何も問題がなければいいが、ステータスが変わらないことを少々不安に感じている」ということも伝えてみましょう。そのような内容にすることで、苛立ちからではなく、原稿についての心配から問い合わせをしているということが伝わるはずです。


関連記事:

論文ステータスが4ヶ月以上変わらない場合、どう対応すべきですか?


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。