アーベル賞2020:確率と力学を探求した2人の数学者に授与

アーベル賞2020:確率と力学を探求した2人の数学者に授与

数学界でもっとも名高い賞の1つであるアーベル賞が、2020年は数学者のヒレル・ファステンバーグ(Hillel Furstenberg)氏とグレゴリー・マルグリス(Gregory Margulis) 氏に贈られました。この賞を授与するノルウェー科学アカデミーによると、ファステンバーグ氏とマルグリス氏の受賞理由は、「群論、数論、組合せ数学において、確率と力学による用法を開拓した」ことです。


受賞者の2人は、純粋数学と応用数学の境界を超えることに貢献してきました。共同研究こそ行いませんでしたが、互いの仕事に刺激を受け、影響を受け合ってきました。ノルウェー科学アカデミーは、「確率論的手法とランダムウォークを独創的に使用して、数学のさまざまな領域の難問を解き、数学界に衝撃を与えた」と述べています。


ベルリン生まれのファステンバーグ氏は、米国で数学のキャリアを築き、2007年にウルフ賞を受賞しています。一方、モスクワ出身のマルグリス氏は、早いうちから数学の才能を現し始め、32才のときにフィールズ賞を受賞しています。


アーベル賞は、ノルウェーの数学者であるニールス・ヘンリック・アーベル(Neils Henrick Abel)の名を冠したもので、2003年に創設されました。受賞者には、賞金750万ノルウェークローネ(約625,000ドル)が贈られます。今回は、COVID19の世界的な広がりを受け、伝統ある授賞セレモニーは中止となりました。


参考資料:

Mathematics pioneers who found order in chaos win Abel prize


関連記事:

U.S. mathematician Karen Uhlenbeck becomes the first woman to win the Abel Prize

Questions Robert Langlands asked at age 30 win him Abel Prize at age 81

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください