質問: 論文の取り下げ依頼は認められるか

質問の内容 -
ジャーナルに昨年の11月に投稿をしました。1か月ほどたち、ステータスが「Reviewer Selection」になり、それ以降変化がありません。この間、3度ほど問い合わせをしていますが、エディターからは「現在、査読者を探している最中」という返答のみです。当ジャーナルでは平均で2-4週間で査読者が決まると返答を得ています。6か月ほど待たされている状況というのは、査読取り下げの理由として認められるものでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

ジャーナルから投稿論文を取り下げる場合は、相応の理由を求められます。しかしながら、編集者が6か月間も査読者を見つけられないでいるのであれば、著者としては、取り下げを検討するのもやむを得ません。あなたの原稿はまだ査読に送られてもいないので、この段階で取り下げを申し出ても、非倫理的な振る舞いにはならないでしょう。取り下げを希望するメールを編集者宛て送り、取り下げを希望する理由を明確に説明してください。今のあなたには時間が重要で(卒業やキャリアアップのために出版論文が必要である、など)、これ以上は待てないということを伝えましょう。取り下げを申し出る文書(メール)には、論文著者全員の署名を入れるようにしてください。また、論文の取り下げを承認する正式な通知を受け取るまでは、ほかのジャーナルに論文を投稿しないようにしてください。さもないと、科学における不正行為とみなされてしまいます。

 

関連記事:


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。