質問: 編集者が査読者を見つけられない場合、論文原稿を撤回すべき?

質問の内容 -
6ヶ月ほど前、あるジャーナルに論文を投稿しましたが、かなり長い間「査読中」になっています。その後編集者から、査読者が見つからないと伝えられました。私はさらに待ってみるべきでしょうか、それとも論文を取り下げるべきでしょうか?取り下げたい場合はどうすればいいですか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

査読者を探す期間として、6ヶ月はかなり長いと思います。編集者が査読者を見つけられないとはっきり伝えてきた以上、さらに待つことは無意味だと思われます。論文を取り下げて別のジャーナルに投稿した方が、時間を無駄にせずに済むのではないでしょうか。

論文を取り下げるためには、編集者にメールを書いて論文取り下げの意思を伝え、確認を求めましょう。編集者から取り下げ承認の確認を受け取るまでは、その論文を別のジャーナルに投稿してはいけません。二重投稿(同時投稿)とみなされてしまう可能性があるからです。さらに、確認のメールを受け取ったら、論文取り下げ手続きの完了の証拠として、コピーを保存しておきましょう。

さて、ここからは次の段階でのアドバイスです。別のジャーナルに論文を投稿する際、できれば査読者を何名か推薦してみましょう。投稿システム上でそれができない場合は、査読者を推薦してもよいか編集者に尋ねてみましょう。最初のジャーナルが査読者を探せなかったのですから、あなたの論文のテーマがきわめてニッチなテーマを扱ったものである可能性があり、他のジャーナルでも同じ問題が起こるかもしれないためです。分野の専門家である査読者を数名推薦することができれば、プロセスが迅速に進む可能性があります。


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。