質問: 同じサンプル群を2つの論文で使ったら、サラミ出版になりますか?

質問の内容 -
サラミ出版の基準はどのようなものですか?母国のサンプル群に関する論文を出版し、そのサンプル群を他国のサンプル群と比較した論文も同時に出版したのですが、これはサラミ出版になりますか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

広義には、同じ研究データを複数の論文で使用する行為をサラミ出版と言います。ご質問を読む限り、2本目の論文はサラミ出版とみなされるでしょう。ただし、それぞれの論文の研究目的・研究デザイン・データ分析・結果などに関する情報がないので、サラミ出版であると断定することはできません。


一般的に、同じデータ/対照群を複数の論文で使うことは、倫理的に許容されない行為です。ただし、これにはいくつかの例外があります。たとえば、同じデータセットを使用していても、分析手法・研究目的・研究結果が異なっている場合は、ジャーナル編集者が個別の研究とみなすことがあります。この判断は、100%編集者に委ねられています。


このような場合、著者は、倫理的正当性の評価のために、同じデータを用いた論文がほかにもあることを編集者に知らせる必要があります。同じデータセットを用いた2本目の論文を出版する際は、先に出版した論文の出版元から許可を得る必要があるかもしれません。2本目の論文には、結果のどの部分が出版済みであるかを引用の形で明示し、引用元およびその著者から同意を得ていることを示さなければなりません。


また、編集者や読者が論文の新規性を評価しやすいように、2本目の論文が既存の知見にどのような価値をプラスしているかを明確に述べる必要もあるでしょう。


関連記事:

サラミ論文を避けることの重要性:ケーススタディ

「サラミ法」に隠れた危険:出版の量ではなく質を重視する

Can two papers with same data but different analysis be considered duplicate publication?

重複出版と同時投稿の罠


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。