Tags

サイエンスエンゲージメント

最新

フルタイムの科学コミュニケーター兼イベントオーガナイザー。一般人が科学者と気軽に話せる場を設けることを目指すグローバルイベント、「Pint
研究者が業績を伝えるタイミング、その伝え方、伝える相手を理解するために、 Kudos がオンライン調査を開始しました。続き
人気
複雑なアイデアを伝えるには、明瞭さが重要です。伝え方が複雑だと、本来の意図が伝わらないばかりか、アイデアそのものに関する誤解も生じかねません続き
インドで画期的な科学コミュニケーション戦略を実践することに情熱を注ぐ核科学者/エンジニア。Academy for the
フリーの科学ジャーナリスト。インドの女性科学者へのインタビューや彼女たちによるブログを掲載するユニークなプラットフォーム“The Life
外界と関わることなく研究室にこもっている人、というのが、研究者に対する一般的なイメージでしょう。しかしここ数年で、研究者、政治家続き
科学者たちは長い間、研究室にこもって一般社会と繋がりを持とうとしないとして非難を受けてきました。しかし、世界中の科学者、科学支援者続き
競争の激しい今日の学術環境では、一般の人々との交流が、学術界での成功と結びつくことも増えています。科学者は、マスコミを通じて研究を宣伝し続き
人気
過去20年で、情報を消費・処理・普及する方法は大きな変貌を遂げました。科学コミュニケーションもまた続き
人気
一般市民が描く科学のイメージを作っているのは誰でしょうか?それは、言うまでもなくマスコミです。マスコミは続き
人気
科学がお茶の間の話題に上ることはあまりありません。一般市民は、「科学は難しいので利害関係者(=研究者)に任せておけばいい続き
人気
独立系ジャーナリストでブロガーのリチャード・ポインダー氏は、オープンアクセス(OA)に大きな関心を大きな抱いています。また
人気
ジョン・ウィリンスキー博士のビデオインタビューの第一回です。学術研究界の将来、さらには知識基盤社会について
人気
以前の記事で、 メディアにおける科学研究の誤った報道が、科学に対する一般人の理解を歪めている ことを論じました。これは続き
人気
研究の価値は社会にどれくらい利益があるかによります。しかし、社会を変えるための科学研究にとって、公衆は研究に歩み寄り
人気
科学的知識についての人々の理解の多くは、科学に関する主流メディアの報道に依存しています。しかし続き
人気
一般の人々が科学をどのようにとらえ、研究者に対してどう思っているのかわかったら面白いですね。科学に対する意識調査(Public続き
人気
科学研究開発(R&D)への公共投資は、中国のような少数の経済を除いて、あちこちの地域で頭打ちになっています続き
人気
ポスター発表(Poster presentation)は、学会に出席している人たちに自分の研究がいかに重要かを伝える最高の機会です続き