論文の引用数を増やして、実社会に影響を与えるには

論文の引用数を増やして、実社会に影響を与えるには

影響度とのバランスの上に成り立っている科学研究の世界において、あなたの立ち位置はどのあたりでしょうか。一研究者としての貢献度を、どのように測っていますか?かつては、論文出版が研究者の成功の証とみなされていました。しかし、状況は変わりました。執筆した論文の数だけでなく、発表した媒体や、もたらしたインパクトにも目を向けることが重要になっているのです。この傾向は、トムソン・ロイターのWeb of Scienceのデータを使用した、ある興味深い研究で確認されています。それによると、研究界における科学者の評価と立場は、出版論文の数と質の両方にかかわるようになっています1 。このことは、社会にとっては朗報ですが、研究者にとっては、研究を効果的に伝える責務を担うことにほかなりません。

How to drive real-world impact and boost citations for your published paper

研究者の任務は、出版後まで続きます。著者の評価は、引用回数の多さに左右されると言われているからです1。しかし、高い評価を確立して業績を世界に認めてもらうには、どうすればいいのでしょうか?毎年膨大な数の論文が出版されていますが、自分の論文にそれなりの存在感とエンゲージメントを持たせるにはどうすればいいのでしょうか。論文の読者と引用に関するある大掛かりな研究によると、出版された論文の50%は著者本人と編集者と査読者しか読んでおらず、90%はまったく引用されていません2 。出版した論文が科学界の内外の人に快く受け入れられるものでなければ、その重要度に関係なく、論文はそのまま見過ごされてしまうのです。そんな中で、研究をより多くの読者に発信するのに役立つのが、好奇心をかきたてながら知識を授けることができる、論文サマリーです。


論文サマリーで研究を効果的に伝えよう

世界が成長し変化する中、研究はますます重要になっています。同じ分野の同僚や専門家だけでなく、学術界の外部の人、とくに社会への影響力を持つ人も、科学の業績に関心を抱くようになっています。これは、気候変動や新型コロナウイルス関連の医療の進歩にまつわる研究に関心が集まっている状況を見れば、明らかです。研究を世界に広く発信する上で、オープンアクセス出版は大きな役割を果たしていますが、インパクトを高めて研究を効果的に伝えるためには、よく整理された論文サマリーを通じた発信も、大変優れた方法です。
 

「疑問を持ち、答えを探ることも大切ですが、一人の研究者として、新たな発見を世界に伝える義務があると感じています」

- スティーヴン・ホーキング

ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう


研究者の任務は、出版後まで続きます。著者の評価は、引用回数の多さに左右されると言われているからです1。しかし、高い評価を確立して業績を世界に認めてもらうには、どうすればいいのでしょうか?毎年膨大な数の論文が出版されていますが、自分の論文にそれなりの存在感とエンゲージメントを持たせるにはどうすればいいのでしょうか。論文の読者と引用に関するある大掛かりな研究によると、出版された論文の50%は著者本人と編集者と査読者しか読んでおらず、90%はまったく引用されていません2 。出版した論文が科学界の内外の人に快く受け入れられるものでなければ、その重要度に関係なく、論文はそのまま見過ごされてしまうのです。そんな中で、研究をより多くの読者に発信するのに役立つのが、好奇心をかきたてながら知識を授けることができる、論文サマリーです。


論文サマリーで研究を効果的に伝えよう

世界が成長し変化する中、研究はますます重要になっています。同じ分野の同僚や専門家だけでなく、学術界の外部の人、とくに社会への影響力を持つ人も、科学の業績に関心を抱くようになっています。これは、気候変動や新型コロナウイルス関連の医療の進歩にまつわる研究に関心が集まっている状況を見れば、明らかです。研究を世界に広く発信する上で、オープンアクセス出版は大きな役割を果たしていますが、インパクトを高めて研究を効果的に伝えるためには、よく整理された論文サマリーを通じた発信も、大変優れた方法です。

研究とは、次につながっていくものです。ほかの研究者にとっては、あなたの研究結果を自分の研究のベースとして使えることが重要なのです。しかし、論文の海でめぼしいものを探っていると、アブストラクトにざっと目を通すだけで論文本体の関連度や有用性を判断してしまいがちです。アブストラクトが専門的すぎたり複雑すぎたりして、理解の壁を作り、ほかの研究者に読んでもらう機会を逃してしまうこともあります。一方、内容を把握しやすいサマリーがあれば、論文本体が理解され、役立てられて、新たな発見のベースとして引用されるでしょう。

サマリーは、論文出版後に多くの読者に発信するための素晴らしい方法ですが、研究をこれから始めようとしている人や、 論文を執筆中の人にとっても役立つものです。研究開発資金の大半は税金なので、助成金の申請書に優れたサマリーを添えれば、新規性、重要度、実社会への影響を強調することができ、助成団体に資金配分の判断根拠を与えることができます3。また、投稿論文とともに優れたサマリーを提出すれば、ジャーナル編集者の対応も早くなるでしょう。なぜなら、サマリーによって研究内容を評価しやすくなり、ジャーナルの目的とのマッチングを見極めやすくなるからです。eLife誌で発表された研究によると、研究をより多くの人に発信して可視性と影響度を高めるために、論文サマリーを積極的に活用するジャーナルや科学団体が増えています4。さらに、サマリーを政策立案者に紹介すれば、建設的な議論を起こすきっかけを生み、より大きなコミュニティにおける政策変更につながるかもしれません。

ただ、論文サマリーへの関心は高まっているものの、それをまとめるのは、研究者にとって厄介な作業です。なぜなら、研究を単純化する方法を探るだけでなく、科学の知識レベルが異なるさまざまな人々に受け入れられる形で書き表す方法を知る必要があるからです。出版に値する論文を用意することに集中してきた研究者にとって、論文サマリーの作成に時間と労力を費やすことは、たとえその効果を承知していたとしても、負担が大きいのではないでしょうか。研究者のストレスを和らげ、出版の旅路を進み続ける後押しをするため、R Pubsureに、論文チェックに加えて、論文サマリー作成機能が導入されました。
 

R Pubsureの機能とは?

R Pubsureの最新のAI型プラットフォームは、100万人を超える研究者との18年以上にわたる交流の中で得られた知見に基づき、多くのジャーナル編集者がチェックするキーファクターに注目して論文原稿を評価します。安全、詳細、迅速を特徴とする無料の3段階チェックで、あなたの原稿を綿密に評価し、問題のあるエリアをR Pubsureレポートで指摘することによって、原稿の改善方法を提案します。ハイスコアの論文には、論文が投稿できる状態にあることを証明するR Pubsure証明書が発行されます。

Default Alt text

6,000人以上の研究者の論文に磨きをかけるお手伝いをしてきたR Pubsureは、AIによるオーダーメイドの論文サマリーで、あなたの投稿プロセスを合理化します。最新AIのアルゴリズムを利用したR Pubsureが、あなたの論文を数分で読み込んでまとめます。論文内の重要なフレーズや結果を使い、コンパクトな分量で、あなたの研究を正確に説明します。さらに、主要なキーワードを特定し、出版後に論文が見つけられやすいようにします。投稿プロセスを加速させるため、論文を投稿する際は、R Pubsure証明書と論文サマリーを必ず添えるようにしましょう。 

より良い研究コミュニケーションへのニーズが高まる中、インパクトを高めたいと望む著者にとって、論文サマリーは欠かせない手段です。論文サマリーは、論文の可視性を高めるだけでなく、引用回数を増やす上でも重要な役割を果たします。それは、専門分野でのあなたの評価を高めることにもつながります。そこからさらに、資金の獲得、キャリアアップ、ほかの研究者とのインパクトある共同研究にもつながるでしょう。Pubsureがどのように役立つのかをもっと知りたい方は、無料登録を行なって、論文チェックを受け、無料の論文サマリーを手に入れましょう。


参考資料:

1. A. M. Petersen, et al. – Reputation and impact in academic careers. Proceedings of the National Academy of Sciences, 2014. Retrieved from https://www.pnas.org/content/early/2014/10/03/1323111111.abstract?sid=cfe6f1f4-f2e7-43e0-b54b-c3aa1a64c810

2. R. Eveleth - Academics Write Papers Arguing Over How Many People Read (And Cite) Their Papers. Smithsonian Magazine, 2014. Retrieved from https://www.smithsonianmag.com/smart-news/half-academic-studies-are-never-read-more-three-people-180950222/#O5q1GSA4FStDC9HX.99

3. J. Rajagopalan - Lay summaries are not for researchers, they are for funders, too. Editage Insights, 2017. Retrieved from https://www.editage.com/insights/lay-summaries-are-not-just-for-researchers-they-are-for-funders-too?loginform=loggedin-normal

4. S. Shailes - Plain-language Summaries of Research: Something for everyone. eLife, 2017. Retrieved from https://elifesciences.org/articles/25411

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。