現在地

「我が子」が5歳になりました!

読者の皆様


私には珍しく、言葉がうまく見つからないでいます。いつもなら、次から次へと言葉が溢れ出してくるおしゃべりな私ですが、このメッセージを書いている今は、途方に暮れています。文章に綴りたい出来事や感情が、あまりに多すぎるからでしょう。思いを巡らせながら、心ゆくまでペンを走らせてみたいと思います。


私には、5歳になったばかりの「我が子」がいます。何か月もの計画とディスカッション、書いては書き直す日々、行きつ戻りつしながらの決断、眠れない夜、かつてない長時間勤務の毎日を経て、この手に抱いた我が子です。もうお判りでしょうか?我が子とは、今月で5周年を迎えたエディテージ・インサイトです!


エディテージ・インサイトは、世界最大の研究者コミュニティになるという壮大な構想のもと、5年前に誕生しました。私たちが思い描いたコミュニティとは、出版を目指す険しい未知の旅路で、研究者が実践的な学びや助言を世界中から得られる;専門家に質問に答えてもらえる;ベテラン研究者の視点を役立てられる;世界の別の場所で同じ旅路を進んでいる研究者仲間たちと経験をシェアできる―そんな場です。


この場を共に育ててきたチームメンバーと私は、エディテージ・インサイトが、30万人を超える世界中の研究者たちが集う一大コミュニティへと立派に成長したことを振り返ると、誇らしく、胸がいっぱいになります。世界各地の研究者たちと個人的に向き合う日々は、実に豊かな時間でした 数々の苦労話、何度もリジェクトを乗り越えた末に論文が出版されたときの達成感、素晴らしい指導者との出会い、職業生活とプライベートのバランスを取ることの難しさ、研究生活に伴う独特のあらゆる感情―そういったものに、私たちは寄り添ってきました。


5周年の節目に、会員の皆さんからのさまざまなフィードバックを取り入れて、エディテージ・インサイト(英語版)は、レイアウトと機能を大幅に変更しました。私たちは、研究者が直面する課題が出版の各段階によって大きく異なること、そして当然のことながら、研究者はとても忙しいので、すぐに実践できるアドバイスを無数のオンラインコンテンツから探すことが難しいということに気付きました。そこで、改良を施した新生エディテージ・インサイトでは、読者それぞれの現状に沿った、パーソナライズされた体験を提供できるようにしました。出版プロセスにおける現在の状況をお知らせ頂くだけで、自分に合ったおすすめ記事、メールでのコーチング、各種フォーマットのコンテンツ(ビデオ、インフォグラフィックス、ポッドキャスト、スライドショー)など、現状に関連した情報を受け取ることができます。これまでのところ、新しいウェブサイトは会員の皆さんに大変好評です。これ以上の喜びはありません!


もう少しだけ言わせてくださいエディテージ・インサイトは、読者や会員の皆さんなしには、ここまで成長することはできませんでした。皆さんはこの5年間、いかなる局面でも、変化のときも、私たちの側にいてくれました。本当にありがとうございます!皆さんが示した喜びややる気、頂いたご質問、洞察に満ちたゲスト記事やインタビュー、いつもさらなる高みを目指させてくれたフィードバックなど、すべてに感謝しています。皆さんを先導する私たちに絶対的な信頼をお寄せ頂き、本当にありがとうございます。そして何より、素晴らしい対話の数々に、心からの感謝を贈りたいと思います。


この感謝を言葉では表現しきれないと考えた私たちは、5周年にあたる今月、スペシャルなイベント、アクティビティー、賞をご用意しています。新生エディテージ・インサイトを見た感想を、ぜひお聞かせください。率直なご意見や、今後へのご要望もお待ちしています。また、周りの研究者仲間にも、エディテージ・インサイトをぜひ紹介してください。皆で一緒に5周年を祝いましょう!


お誕生日おめでとう!私たちの5歳児は、皆様とともに新たな冒険に乗り出します!


クラリンダ・セレジョ
エディテージ・インサイト編集長

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。
17万9000人超の研究者コミュニティに参加しましょう
エディテージ・インサイトでは、学術研究や学術出版に関する豊富なリソースを無料で提供しています。登録すると、活気あふれる研究者のグローバルコミュニティに自由にアクセスできます。学術出版に関わる仲間たちと、専門知識を分かち合いましょう。
「今すぐ登録する」をクリックすると、利用規約および個人情報保護方針に同意したことになります。
登録/ログインできませんか? 問い合わせ


関連するカテゴリー

 研究者Q&A