質問: 論文がリジェクトされても、APCを支払う必要はありますか?

質問の内容 -
APCは論文投稿前に払うものですか?その場合、論文がリジェクトされて別のジャーナルに再投稿することになったら、お金は戻ってくるのでしょうか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

事前にAPCの支払いを要求するジャーナルには、論文を投稿しないでください。APCとは”article processing charge(論文掲載料)のことで、出版コストを賄うためのものです。したがって、この費用はジャーナルからアクセプトされた論文以外には発生しません。


事前に費用を請求するのはハゲタカジャーナルである場合が多いので、そのようなジャーナルには投稿を控えた方がよいでしょう。論文がリジェクトされても、あるいは論文の撤回を求めても、返金はされないでしょう。以下の記事では、似たような経験をした研究者たちの話が紹介されているので、参考にしてください:


論文を投稿する際は、必ず事前にターゲットジャーナルの背景を徹底的にチェックすることをお勧めします。一度でもハゲタカジャーナルに論文を投稿してしまうと、それを撤回するのは非常に困難になります。


関連記事:


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。