質問: アメリカ化学会への論文投稿ついて

質問の内容 -
4月上旬にアメリカ化学会のジャーナルAにACS Paragon Plusから論文を投稿しました。しかし直ぐにエディターから「うちには合わない」と姉妹誌(ジャーナルB)への転送を推薦されました。4月中旬にメールで転送を受入れる旨を伝え、フォーマートを整えた後にACS Paragon PlusからジャーナルBに投稿しました。2日後にシステム上でComplete Journal Publishing Agreementを提出しました。しかし投稿後6週間が経ちますが、システム上のステータスには変化がありません。査読は進んでいるのでしょうか。もうすぐ博士課程の学位申請の締切があるため、早く結果を知れたらと思っています。問い合わせる場合、どのように聞けばよいのでしょうか。よろしくお願いします。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

査読期間はジャーナルによって異なり、原稿の専門分野、査読者の空き具合、1年間に出版される号数にもよります。平均的な査読期間は48週間ですが、ジャーナルの都合や上記のような要素により、この期間は長くなることも短くなることもあります。通常は、原稿が査読に回されると、投稿システムのステータスは「Under review(査読中)」などの表示に代わります。投稿してからまったくステータスが変わっていないのであれば、ジャーナル編集者にメールで問い合わせてみましょう。6週間を超える査読期間はとくに珍しくはありませんが、今回は急ぐ事情があるとのことなので、問い合わせてみるのが得策でしょう。こちらの記事に、論文の最新状況をジャーナル編集者に問い合わせる際の参考になるテンプレートが載っています。


関連記事:


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。