質問: 二重投稿や自己剽窃になるのでしょうか。

質問の内容 -
過去に投稿した論文のデータを再利用して、新たに論文を作成しようとしています。研究の目的は違うのですが、分析方法が同じようになってしまっており、その結果は前回と大きく変わったとは言い難いものとなりました。新規性を考え、分析方法に新たな方法を一部追加はしてます。これは、二重投稿や自己剽窃になるのでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

通常、同じデータセットから得られた結果を出版することは、重複出版とみなされます。とくに、生データ、主な研究結果、考察が同じである場合、後から出版された論文は重複出版とみなされるでしょう。このような出版行為は、ICMJEのガイドラインによって厳しく戒められています。


ただし、同じデータを使ってはいても、焦点や目的が最初の研究とは大きく異なるという確信があるなら、その点を明確に説明した上で、投稿時のカバーレターで最初の研究の論文について述べましょう。最初の論文については、原稿の本文でも触れる必要があります。また、2番目の研究が出版済み論文のデータを拠り所にしているという事実についても触れる必要があります。さらに、最初の論文が掲載されたジャーナルから許可を得る必要もあるでしょう。


こうすれば、少なくとも透明性を保つことができ、意図を疑われることはないはずです。とはいえ、そのような出版が認められるかどうかは、編集者の判断次第です。


関連記事:


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。