現在地

中国、「プランS」の導入でオープンアクセスを支持

Sneha Kulkarni | 2019年1月10日 | 1,021 ビュー
中国、「プランS」の導入でオープンアクセスを支持

中国の主要助成団体や図書館関係者が「プランS」の取り組みを支持し、参加の意思を表明しました。プランSとは、欧州の助成団体グループが提唱しているもので、公的資金による研究成果物を、出版段階で無料公開することを2020年までに義務付けるという構想です。


Nature誌の記事によると、国立科学図書館(NSL)、国立科学技術図書館(NSTL)、国立科学財団をはじめとする中国の主要機関が、プランSの支持を表明しています。これを受け、プランSの立案者であるロバート・ジャン・スミッツ(Robert-Jan Smits)氏は、「中国がこのプランへの参加を検討していることは知っていましたが、これほど早く明確な支持表明があったことは大きな驚きです」と述べています。


中国科学技術部(北京)でNSTL戦略立案委員長を務めるシャオリン・チャン(Xiaolin Zhang)氏は、中国がプランSを導入し次第、公的資金による研究成果物をすべて無料公開することを承認しており、「中国がオープンアクセスに関心がないという考えは誤解です」と述べています。中国のほとんどの論文が有料であることは事実ですが、チャン氏はこの状況が今後変わっていくことを確信しており、国内の研究者の科学論文へのアクセシビリティを向上させるために、中国が出版社と「read and publish」契約を結ぶ可能性があるとも指摘しています。


オープンアクセスに対する中国のこのような姿勢は、多くの出版社が予期していなかったものです。シュプリンガー・ネイチャーのダニエル・ローパーズ(Daniel RopersCEOは、「中国はオープンアクセスを、欧米ほど喫緊の課題とは捉えていないという印象がありました。しかし、そうでないのであれば、我々は喜んで協力します」と述べています。


オープンアクセスへの認識は中国でも高まりつつあります。この動きを支持する中国人研究者たちがいる一方で、プランSによって起こり得る出版界の変化を懸念する声もあります。公的資金を受けた研究が、有料ジャーナルや一部のハイブリッドジャーナルで出版されないことになれば、研究者たちはジャーナル選びに慎重にならざるを得ないからです。


中国は、プランSに沿った新たな方針をいつまでに実施するのか、そしてそれをどこまで厳格に順守するのかについては、今のところ具体的な情報を公表していません。


関連記事:

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。
17万9000人超の研究者コミュニティに参加しましょう
エディテージ・インサイトでは、学術研究や学術出版に関する豊富なリソースを無料で提供しています。登録すると、活気あふれる研究者のグローバルコミュニティに自由にアクセスできます。学術出版に関わる仲間たちと、専門知識を分かち合いましょう。
「今すぐ登録する」をクリックすると、利用規約および個人情報保護方針に同意したことになります。
登録/ログインできませんか? 問い合わせ


関連するカテゴリー

 研究者Q&A