Tags

中国

最新

New
科学技術分野で前例のない成長を遂げた中国は、今や新興の超大国と見なされています。世界の科学界における中国の影響力の高まりを受け
ダイナミックな学術出版界をより深く知るには、最新のトレンドや情報をキャッチしておくことが重要です。その意味で、 国際 STM 出版社協会続き
中国の主要助成団体や図書館関係者が「プラン S 」の取り組みを支持し、参加の意思を表明しました。プラン S とは続き
中国は、研究の公正性を強化するための最新の取り組みとして、学術不正を行なった研究者や機関に対する標準的な懲戒制度の確立を目指し、国内 41続き
南方科技大学の中国人研究者が、世界初の遺伝子改変ベビーが誕生したと発表しました。この発表に対し続き
中国は、国内のすべての研究者に対し、国のリポジトリでのデータ共有を義務付ける方策を新たに導入すると発表しました。これに伴い続き
中国は、人工知能 (AI) が国際競争力に果たす重要性を踏まえ、 2030 年までに AI 技術で世界をリードすることを目標に掲げています続き
科学研究先進国の 1 つである中国は、国内の研究者に研究公正を高水準で順守させるための取り組みを精力的に行なっています。 2018 年 5続き
人気
20 世紀後半から 21 世紀初頭、科学研究者としてのキャリアを開拓する機会が十分に与えられていなかった当時の中国人研究者は続き
中国は急速に発展を遂げており、科学技術の分野でも世界をリードする立場に立とうとしています。論文出版数や研究助成においては続き
中国の科学技術は驚くべき勢いで発展を続けており、論文出版でも世界をリードする国の1つとなっています。あるレポートでは続き
2017年5月、中国人著者と研究機関が関与した107本の論文の撤回をシュプリンガーが発表し、中国学術界に衝撃を与えました。この問題を受け続き
人気
シュプリンガーは今年4月、107本の論文の撤回を発表しました。査読に大きく依存している学術出版界において続き
中国では大学や出版社による英文ジャーナルの創刊が急増しているようです。あるレポートでは、英文ジャーナルの創刊数の増加により続き
中国での研究は2002年以降急速に増加しており、現在の論文数は世界第2位です。また、研究開発費(R&D)は米国に次いで第2位です。しかし続き
人気
過去数年で、世界的研究における中国の貢献度は、着実かつ顕著に高まっています続き
人気
中国は科学的成果において世界をリードしていますが、研究体制の点では、研究管理における多くの基本的な問題の解決に奮闘しているところです続き
人気
中国におけるPhDの年間授与数は、2008年以降アメリカさえも抜き、現在世界でトップに立っています続き
人気
Nature Publishing Groupは、2013年5月、 The Nature Publishing Index 2012続き
人気
投稿数の年間合計は、国際的なジャーナルと地域のジャーナルのどちらでも、世界中で確実に増加しています。けれども続き
人気
この30年、中国は一貫して高いGDP成長率を世界に印象づけてきました。急成長の結果、以前より研究開発(R&D続き