現在地

中国政府が国のリポジトリでの研究データ共有を義務化

Sneha Kulkarni | 2018年9月12日 | 5,600 ビュー
中国政府が国のリポジトリでの研究データ共有を義務化

中国は、国内のすべての研究者に対し、国のリポジトリでのデータ共有を義務付ける方策を新たに導入すると発表しました。これに伴い、研究データ管理のシステム化と標準化を目指す中国国務院総務局は、「研究データの管理方法」と題した通知を公表しました。


この通知には、対象範囲の概要とその実行に責任を持つべき当事者が規定されています。詳細は通知に記載されている通りですが、主として以下の点を目的としています:
 

  • 研究データの安全性の確保
  • オープンシェアリング水準の引き上げ
  • 国内科学技術のイノベーション支援
  • 経済的・社会的発展の促進
  • 国家安全保障の保護


データセンターの設置や、リポジトリに登録されたデータの管理は、中国科学技術部が先導することになります。通知によると、データセンターが「研究データのパブリックシェアリングにおける重要なツール」としての役割を果たし、「国内外における研究データの交換に関する協力関係の強化」を図れるとしています。


生データか派生データに関わらず、すべてのデータは、公認のデータセンターの監査を受ける必要があります。また、中国政府の助成を受けて生成されたデータに基づく論文を国際誌で出版する場合は、出版前に国のリポジトリにデータを登録する必要があります。これは、データセンターが処理できるデータ量にもよりますが、海外出版の遅延を招く恐れがあります。


この方策はほかにも、国のデータセンターへのデータの適時のアップロード、一般公開および関連部局との共有、民間が使用するルートでの無料公開を義務付けています。これは、中国人研究者の論文投稿先となり得る国際誌のデータ共有方針に抵触する可能性があります。


機密データの取り扱いについては、「国家機密、国家安全保障、公益、企業機密、または個人のプライバシー」を含むデータは公開されず、これらのデータに変更があった場合は、慎重な統制が行われると定められています。センシティブな研究データを「外部」と共有することが求められる場合、関係する研究者/機関は、データ交換の詳細を説明して承認を得なければならず、このプロセスを経て初めて、データを国際的に共有することが可能になります。研究機関も大学も企業も、この新たな方針に従うことが求められています。


現在、中国は科学論文出版数で世界一の座にあり、科学技術で世界をリードしています。今回の新方針が中国人研究者の学術的な自由と国の科学的成果の量にどのような影響を与えるか、今後の動向が注目されます。


関連記事:

As top Chinese leaders meet, researchers anticipate an overhaul in science policies

頭脳逆流:中国人研究者が中国に戻る理由とは

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。
17万9000人超の研究者コミュニティに参加しましょう
エディテージ・インサイトでは、学術研究や学術出版に関する豊富なリソースを無料で提供しています。登録すると、活気あふれる研究者のグローバルコミュニティに自由にアクセスできます。学術出版に関わる仲間たちと、専門知識を分かち合いましょう。
「今すぐ登録する」をクリックすると、利用規約および個人情報保護方針に同意したことになります。
登録/ログインできませんか? 問い合わせ


関連するカテゴリー

 研究者Q&A