質問: 編集者の即決について

質問の内容 -
編集者が査読してこの論文は掲載したいと感じて、査読者に通すよう指示、もしくは査読者の意見を無視して掲載することはありますか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

多くのジャーナルでは、短報(short communications)や編集者宛てレター(letters to the editor)といった論文では、査読を行なっていません。したがって、これらの論文は通常、編集者の評価と判断によって出版されます。

しかしながら、原著論文、レビュー論文、意見論文などの比較的長い論文は基本的に査読に送られ、査読者の意見に基づいて編集判断が下されているはずです。これは、編集部側のバイアスを回避し、原稿を客観的に評価するためです。

とは言え、最終的な判断を行うのはあくまで編集者であり、査読者の意見に納得がいかなければ、それを取り入れないことはあります。そのような場合、編集者は論文を別の査読に送るか、編集委員会に意見を求めるのが一般的です。

しかしながら、編集者が査読者にアクセプトを促すようなことは、非倫理的な振る舞いです。どのような形であれ、原稿に対する査読者の見解を左右しようとするような行動は、非倫理的と言えます。そのような行為は、査読の真の目的を阻害することになるからです。


関連記事:


このコンテンツは「査読」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、査読コメントへの対応方法を学びましょう。