質問: 査読が異常にスピーディーなのはリジェクトのサインでしょうか?

質問の内容 -
ScholarOne Manuscriptsを利用して論文を投稿しました。ステータスは1週間査読中でしたが、現在「最終判定待ち」に変わって2日経っています。レビューが速いということは、リジェクトの可能性が高いのでしょうか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

読には平均1~3ヶ月かかります。査読プロセスが1週間で完了するのは異例の速さです。しかし、ScholarOne Manuscriptsを利用しているジャーナルの査読期間は短い傾向があり、IEEEのウェブサイトにはこう書かれています:「IEEEのScholarOne Manuscriptsを利用して電子投稿すると査読プロセスが迅速化し、論文投稿から出版までの期間が短縮されます」。


投稿先のジャーナルの査読期間がもともと短いことも考えられますので、ウェブサイトで平均査読期間を確認してみましょう。査読期間を速めるために、査読者への査読期限を短く設定しているジャーナルもあります。または、ジャーナルにスピード出版のオプションがある場合もあります。そうであれば、査読が1週間で終了してもおかしくありません。


査読期間の短さからリジェクトの可能性を予測するのは困難です。査読にかかった時間とその結果には、明確な関連性はないと思います。査読者の作業が速ければ、あるいは他の仕事で忙しくなければ、査読を1週間で終えることは可能です。さらに、ScholarOneにはクリック1つで引用文献を確認できるリンクなどの便利なツールもあるため、査読者がよりスムーズに作業を進めて時間を節約できるようになっています。


このコンテンツは「論文のリジェクト」ステージに属しています。

ジャーナルからリジェクト判定を受けましたか?無料の個別コーチングでエキスパートに相談しましょう