質問: 化学系分野でIF2の雑誌はどの程度のインパクトがあるのでしょうか。

質問の内容 -
化学系の分野でIF2-2.5程度の雑誌に掲載される論文は、IFとしては低い部類なのでしょうか。高IFとして評価されるものは具体的にどの程度からなのでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

ジャーナル選びにおいて、インパクトファクター(IF)は議論の余地のある問題です。

それでは、ご質問に一つずつ答えていきましょう。


まず、IF22.5のジャーナルは、どちらかと言えば低い方に入るかもしれませんが、極端に低いというわけではありません。多くのジャーナルはこの範疇に入ります。実際、ジャーナルの大半は、IF1から1強です。したがって、IF22.5のジャーナルは、大半のジャーナルよりはインパクトが高いとみなされるでしょう。IF5以上のジャーナルは高インパクトとみなされますが、その数は非常に限られており、ほとんどのジャーナルはIF12の範囲に入っています。これらの指標に関する詳細とその意味合いについては、こちらを参照してください。


ただ、ジャーナルにどれくらいの歴史があるのか、IFが上昇傾向にあるか下降傾向にあるか長年一定なのかといった、その他の要素も考慮する必要がありますIFが比較的低いジャーナルは、たいてい新しいジャーナルです。オープンアクセス(OA)化への動きが活発になる中、OAやハイブリッド型(OAモデルと購読モデルの混合型)で、多くのジャーナルが創刊されています。


また、先ほども述べましたが、IFを、ジャーナルを選ぶ際の唯一の判断材料とするべきではないでしょう。近年、IFは、要素としての重要性が下がっています。そして、ジャーナルの信望を測るその他の尺度が生まれています。研究者は、とくに若手ほど、依然としてIFに重きを置いていますが、一方で出版社やベテラン研究者は、IF以外の部分も見るよう主張しています。このテーマについてのさまざまな見方は、以下の記事でご覧頂けます:


このコンテンツは「ジャーナルを選ぶ」ステージに属しています。

論文が仕上がりましたか?エキスパートによる無料の個別コーチングを受けて、優れた論文投稿パッケージを準備しましょう。