質問: ジャーナルの担当者がわからない場合、誰宛に論文を送ればいいですか?

質問の内容 -
論文を投稿したいのですが、そのジャーナルにはオンライン投稿システムがないので、投稿や連絡はすべてメールで行うことになります。そこで質問ですが、そのジャーナルには編集長が2名、コンサルタントが2名、そして編集者が20~30名います。論文は誰宛に送ったらよいのでしょうか?よくわからなくて困っています。投稿論文の受理担当者がいないのはどうしてですか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

お困りの状況はよくわかります。ジャーナルの指示がはっきりしないと、著者は投稿時に戸惑ってしまいますね。

ジャーナルのウェブサイトを注意深く確認しましたか? できれば、論文は編集主幹(Editor-in-Chief)か編集長(Chief Editor)に送るようにしましょう。しかし今回は編集長が2人いるので、状況が紛らわしくなっています。もう一度ジャーナルのウェブサイトを確認してみましょう。ジャーナルによっては、各編集長がそれぞれ別の専門分野を担当していることもあります。あるテーマについての論文は特定の編集者に送る、などの指示がないか見てみましょう。担当編集者が、地理的な条件で決められていることもあります。例えば、アジアから投稿される論文はある編集者が担当し、それ以外のものは別の編集者が担当する、といったケースです。このような指示がなければ、カバーレターは2人の編集長に宛てて用意して構いません。例えば、“Dear Mr. A and Mr. B” あるいは "Dear Chief Editors”のように書きましょう。

2つ目の質問ですが、これはジャーナルごとに違うため、一概にはお答えできません。先ほど述べたような、はっきりした方針や指針を定めているジャーナルもあれば、残念ながら、はっきりした規定がないジャーナルも存在します。


このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。