質問: 大幅修正の判定を受けた論文の採択率はどれくらいですか?

質問の内容 -
論文を投稿したジャーナルの編集者から以下のメールを受け取りました:「査読者からのコメントを踏まえると、貴論文を出版するためには大幅修正(Major revisions)が必要であると考えます。論文の修正に当たり、添付した査読者のコメントをよく検討し、各コメントへの回答をリストにして提出してください」。大幅修正を行なった論文の採択率はどれくらいですか?今回の論文では、1人の査読者から小幅修正(minor revisions)を、その他の査読者たちから大幅修正を求められています。 
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

修正論文の採択率は、ジャーナルや分野によって異なります。また、ジャーナルの採択率から個別の論文の判定を予測することは不可能です。今回の場合、1人の査読者から小幅修正、ほかの査読者たちから大幅修正を求められているとのことですが、指摘をすべて解消できれば、アクセプトされるチャンスは十分にあるでしょう。ただし、編集者も述べているように、査読者のコメントについてよく検討し、それぞれに回答を用意する必要があります。可能な限り、査読者の指摘に沿うようにしましょう。もっと実験を行うように言われているなら、そうすべきです。もちろん、同意できない指摘に従う必要はありませんが、その場合は、同意できない理由を、エビデンスを添えて説明しなければなりません。返答は、丁寧かつ礼儀正しく行いましょう。


以下の記事も参考にしてください:


このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。