このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。

質問: レフェリーがなかなか割り当てられない

質問の内容 -
お世話になります。 1ヶ月ほど前に論文を投稿し、2〜3日後にはエディターのチェックを経て、レフェリーを探す段階に入ったという通知がありました。しかしその後4週間くらい経ってもなお、査読が始まりません(査読が始まったら投稿システムに表示されることになっています)。心配なのでエディターに状況を問い合わせようと思っていますが、いつごろ、どのような文面で、エディターに対して問い合わせるべきでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

ステータスが"With Editor"から"Under review"に変わるまでに1か月以上を要するジャーナルは珍しくありません。原稿が編集部による初回判定を通過しても、ステータスが査読中に変わるまでにはさまざまな段階を経なければなりません。編集者はまず、必要な査読者の人数(通常は23)を見きわめ、それから査読依頼を送ります。全員に査読依頼が受け入れられれば、ステータスは"Under review"に変わります。しかし依頼を断られれば、編集者は査読者を再び探し始めなければなりません。2度目の依頼も断られたら、さらに遅れが生じることになります。このプロセスは、必要な人数の査読者に依頼を受け入れてもらえるまで続きます。

したがって、遅れについて心配する必要はありませんが、ジャーナルに丁寧な問い合わせを送ってみてもとくに差し支えはないでしょう。前回のステータス変更から1か月以上が経ったので、査読開始がいつ頃になりそうか気になっている、と伝えてみるとよいでしょう。


関連記事:


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。