質問: withdrawの依頼の返事がない場合はどうすればいい?

質問の内容 -
SAGEのあるjounalに投稿しましたが、論文形式を technical noteにしたくてwithdrawの依頼を1か月以上前から3,4回メールしました。待ちきれずに、他jounalに投稿してしまいましたが、前者のステータスはレビューにも回っていない状態で、後者はrevisionの対応中です。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

状況を詳しくご説明下さりありがとうございます。十分な情報があれば、的確な回答ができます。

さて、最初のジャーナルから原稿を取り下げ、それから別のジャーナルに投稿しようとした判断は理解できますが、実際に取られた行動は、倫理的だったとも適切だったとも言えないでしょう。ただ今回は、どう対処すべきか分からなかったことによる結果だと思います。

このような場合は、以下のように対応すべきでした。

まず、最初のジャーナルがあなたの取り下げの申し出を認めるまで、待つ必要がありました。返事がなければ、最後のメールとして、「この件について何度も連絡しましたが回答が得られないので、取り下げが認められたものとみなします」と伝えます。送ったメールは、念のためにすべて保存しておきます。

次に、別のジャーナルに投稿する際は、最初のジャーナルでの経緯を報告する必要があります。(求められた場合は、最初のジャーナルに送ったメールを参考として提示しましょう。)そうすれば、ジャーナルは、あなたの論文投稿を受け付けてよいかどうかを判断できます。

ご質問を見る限り、2番目のジャーナルには、最初のジャーナルでの取り下げの経緯を伝えておられないようです。もし報告がまだなら、すぐにしましょう。それによって何かしらの反応があるかもしれませんが、これが取るべき適切な方法です。また、先ほど書いたように、最初のジャーナルには、「無回答は取り下げ依頼への承認と考える」という旨をメールで伝えましょう。

これらのアクションによって、原稿の進捗は一旦保留になるか、停止するかもしれません。最悪の場合、2番目のジャーナルは、現段階ではあなたの原稿の処理は進められないと判断するかもしれません。その場合は、2番目のジャーナルからも投稿原稿を取り下げ、最初のジャーナルにメールを送ってから、新たなジャーナルへの投稿を検討しましょう。もちろん、この第3のジャーナルにも、それまでの経緯を伝える必要があります。少々煩雑になりますが、これが、取るべきもっとも適切な方法です。


同様の状況に関する以下の質問も参考にしてください:


事態が収束することを願っています!


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。