質問: 雑誌に受理された論文の学会口頭発表について

答えを書く
[site:name]は現在メンテナンス中です。作業中は、ログインや登録などの一部のサイト機能が利用できない場合があります。
1 この質問に答える
回答:

研究者が自分の研究を学会とジャーナル投稿の両方で発表することはよくあることで、一般的には二重投稿とはみなされません。しかしそのような場合、通常はジャーナルへの投稿前に学会発表が行われ、学会では予備実験結果のみを公表します。学会後、更に研究を継続し、最終結果をジャーナル論文として投稿します。通常、ジャーナル論文には未発表のオリジナルな内容が少なくとも30%は含まれていることが望ましいとされています。

ジャーナル投稿の後に学会発表が行われることは珍しく、研究分野によっては二重投稿とみなされる可能性があります。あなたの研究分野の規定について明確なことはわかりませんが、ジャーナルでも学会でも二重投稿に関する規定があるはずですので、これらの規定を注意深く参照する必要があります。

あなたの論文はすでにジャーナルに受理されているので、まずはジャーナル編集者に、学会での研究発表を申し込んでもよいかどうか尋ねてみましょう。また、ジャーナルに論文が受理された時点で著作権がジャーナルに移行しているのかどうかが、かなり重要な決め手となります。ジャーナルは学会での研究発表を認めるかもしれませんが、概要のみあるいは研究結果の一部のみを許可し、研究全体というわけにはいかないかもしれません。

ジャーナルの許可が得られたら、学会に発表を申し込む際のカバーレターに、「XXジャーナルに研究論文が受理されている」旨を明記し、出版予定日の情報を開示する必要があります。学会に受理されたら、この情報をポスターの脚注に含めるようにしましょう。


このコンテンツは「論文の出版後」ステージに属しています。

論文が出版されましたか?無料の個別コーチングで今後の対策を立てましょう。