質問: 査読者からEnglish editingを求められました

質問の内容 -
先日投稿した論文がminor revisionで戻ってきました。そのうちの1人の査読者からIt is a nice clinical study with great design and solid analysis. Actually, I have nothing to add. This work should be acceptable pending English editing.とコメントが返ってきました。この場合、英文校正に出したのちに修正論文を投稿したほうがいいのでしょうか?それとももう一度自分で目を通して、英文法や誤字脱字をcheckするのみでいいのでしょうか? minor revisionで返ってきたのに英文校正に出して大幅に英文が変わってしまうのもどうかと思いまして。
答えを書く
[site:name]は現在メンテナンス中です。作業中は、ログインや登録などの一部のサイト機能が利用できない場合があります。
1 この質問に答える
回答:

おっしゃる通り、校正によって全体的な内容や焦点が変わってしまうのは好ましくありませんが、ジャーナルは、文法や文章の流れに関する英文校正を大変重視しているものです。なぜなら、それによって出版物の品質が左右されるからです。必要な修正の程度が分かりませんので(文法やスペルミスを直すのみか、それ以上なのか)、その点を確認してから判断してはいかがでしょうか。

英文のブラッシュアップについては、通常、編集部から著者に連絡が行きます。ジャーナルによっては、独自の英文校正サービスを提供しています。校正の程度によっては、プロの助けを借りることも検討してみましょう。エディテージでも校正サービスを提供していますので、必要な場合はhttps://www.editage.com/からお気軽にご連絡ください。


関連記事:


このコンテンツは「査読」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、査読コメントへの対応方法を学びましょう。