科学論文の書き方:"A number of" と"The number of"

科学論文の書き方:"A number of" と"The number of"

数字を複数形と結びつけるのは当たり前のことです。2つ以上あるもの(例えば、days、samples、experimentsなど)について話すとき、"The days were short"、"the samples were dried"、
"The experiments were repeated"のように、動詞も複数形が使われます。

"a number of" という表現も同じカテゴリーに入ります。
"a number of days passed" とか"a number of people were present"のように、"a number of"の後には複数形がきます。不定冠詞 a がついているからといって間違えないようにしてください。"a number of"は、2つ以上ある物を指すときに使う表現なので、後に続く名詞も動詞も複数形になります。

一方、"the number of" は"a number of" と異なり、後に続く名詞は複数形ですが、動詞は単数形になります。なぜかというと、"the number of"は、1つの集まりや集団が正確にはいくつで構成しているかという数を指すときに使われるからです。ぴったりの数を重視し、単にたくさんあるということではなく、数の方が重要な時に使われる表現なのです。

例えば、"The number of plants in each plot was 25" 、"The number of participants was greater in summer than in winter"のように使います。

 

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。