研究不正の発表を識別し、対処し、阻止する

研究不正の発表を識別し、対処し、阻止する

質の高い論文の選択、レヴュー、時宜にかなった出版を通し、校正者は多くの分野に影響を与えるため、研究不正の識別、対処、阻止ができなければなりません。
この目標を達成するため、2013年5月にモントリオールで開催された科学編集者会議(CSE)年次大会のセッションで、著名な団体に属する話者たちが、見解、研究結果、役立つリソースを紹介しました。CSEの季刊誌Science Editor掲載の大会報告で、エディテージのラムヤ・ナンビアー(Remya Nambiar)がこの大会のことを取り上げています。



出典:
Nambiar, Remya. "Recognize, Respond to, and Prevent the Publication of Research Misconduct." Science Editor 36 no. 3 (2013)


全文をご覧になるには下記からダウンロード

Recognize, respond to and prevent.pdf

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください