質問: 1か月以上ステータスがREADY FOR EDITOR'S DECISIONから変化しないのは普通でしょうか?

質問の内容 -
Scientific Reportsに2019年12月に論文を提出、現在のStatus: READY FOR EDITOR'S DECISION/REPORTS RECEIVEDで、2020年5月から変化がありません。3月に、一旦Editorにメールで連絡し新着状況を尋ねていますが、再度Editorに連絡してもいいでしょうか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

‘Reports Received’‘Ready for Editor’s Decision’という組み合わせでステータスが併記されるのは、少々珍しいケースです。通常は、‘Reports Received’から‘Ready for Editor’s Decision’に変わります。この2つのステータスの間には、担当編集者(AE, associate editor)が査読コメントを確認し、査読コメントに基づいて判定を下し、下した判定を編集長(EiC, Editor-in-Chief)に伝え、EiCが最終判定を下すという流れがあります。原稿がこの流れのどこかの状況にあることを示すこの二重ステータスに、遅れの理由があるのかもしれません。


また、EiCの判定は、現在、あらゆるジャーナルと地域で時間がかかっているようです。これは、新型コロナ危機が学術出版に与えた影響によるものかもしれません。さらに、新たな年度が始まる前の今の時期は、EiCの仕事が増えるタイミングです。次年度が始まる前に、コロナ危機の影響を受けた物事を中心に、処理すべき仕事があるものと思われます。とはいえ、Scientific Reportsはネイチャーのジャーナルです。大手出版社なので、大きな課題に対処するための仕組みがあるはずです。実際、あなたの原稿は、ここまでは非常にスムーズにジャーナル側の処理プロセスを進んできたように思われます。


ご質問に戻ると、編集者に最後に連絡をしたのは3月とのことなので、それはステータスが現在の状態になる前で、すでに2か月以上が経過しています。したがって、再度連絡を取ることはまったく問題ありません。もし、今回の論文が学位や就職に関わるものであれば、問い合わせのメールではそのことにも触れましょう。


以下の記事も参考にしてください:


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。