質問: Major revision になった論文の取り下げ

質問の内容 -
Major revisionになった論文を別の論文へ投稿することは問題ないですか?全てのコメントについて対応できる場合は提出することを勧めると書かれていました。対応可能な部分が多いですが、あえて別雑誌へ投稿したいと思います。その際のカバーレターにはなんと書いて送ればいいでしょうか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

査読者に提案されたコメントへの対応が可能なのに、別のジャーナルへの投稿を希望するという点が、少々解せません。査読者は貴重な時間を割いて査読にあたっているので、査読後の論文を取り下げることは、あまり好ましくありません。リジェクトされるという明確な根拠がない限り、論文を取り下げるべきではないでしょう。別のジャーナルでも審査プロセスには長い時間を要しますし、そこでリジェクトとなれば、さらに多くの時間を費やすことになります。


しかし、どうしてもという場合は、ジャーナルに取り下げの申し出を行うことは可能です。ただし、取り下げ承認の連絡をもらうまで、次のジャーナルへの投稿は待ちましょう。さもないと、二重投稿とみなされる恐れがあるためです。


こちらの記事もおすすめです:


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。