質問: プルーフ後、完成版が出るまでの期間はどのくらいですか。

質問の内容 -
プルーフを確認し、提出してから三週間以上経ちます。間に年末年始を挟んだため、そのためもあるかなと思いますが、一体いつ完成版が出るのかと気になります。まったく本題や結論とは関係ありませんが、一箇所原稿のミスを見つけて直す依頼も出したので、もしかしてそれが何か良くなかったのかとも思います。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

まずは、原稿のアクセプトと出版の決定、おめでとうございます!


遅れについてはいくつかの理由が考えられます。年末年始の休暇シーズンは終わりましたが、編集者は休暇中に届いたメールや原稿の処理で忙しく、まだあなたの校正原稿を見ていないか、もしくは修正対応が済んでいないのかもしれません。また、些細なミスの依頼をしたとのことですが、校正による修正点はどれくらいあったでしょうか。もしそれなりの量があるのであれば、その修正にも時間がかかります。これらの修正作業が完了すれば、最終版は直ちに出版されるはずです。質の高いジャーナルは通常、最終原稿の品質に申し分がないことを確認するために、出版までに時間がかかるものです。したがって、依頼したミスの修正が進行に大きな影響を与えているとは考えにくいでしょう。


今できるのは、次の2点です。そのジャーナルで過去に出版された論文の、(出版プロセスの各段階での)タイムラインを確認してみること。そして、年が明けてからまだ編集者に問い合わせをしていないのならば、出版予定日について問い合わせてみること。場合によっては、懸命な努力が形になることをどれほど心待ちにしているかを伝えてみてもよいでしょう。


関連記事:


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。