質問: 動物実験の限界について、どのように書けばいいですか?

質問の内容 -
研究の意義を否定しないようにしながら、その欠点を述べる方法を教えてください。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

良い質問ですね。研究の意義を否定せずにその研究の欠点を挙げることこそが、研究の限界を述べるということになります。研究の限界を述べることは、著者が研究のポジティブな要素とネガティブな要素の両方を、どれだけ認識しているか、また、研究者としてどれだけ誠実であるかを示すことです。動物を扱う研究なら、査読者はその点を研究の限界として述べることを求めるでしょう。なぜなら、動物実験で得られる知見や治療法は、人間に転用できないケースが多いためです。


また、専門分野(幹細胞、毒性、獣医学など)によっては、説明すべき特定の限界があるかもしれません。まずは、確認した限界をリスト化し、それぞれについて12行で説明しましょう(今後の研究で課題にどのように対処するかなど)。ただし、研究の意義を否定することにならないよう、書きすぎに注意しましょう。


関連記事:


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。