学術誌『Corrosion Science』: 概要と投稿時のアドバイス

学術誌『Corrosion Science』: 概要と投稿時のアドバイス

目的と対象領域

Corrosion Scienceは、金属・非金属の腐食のあらゆる側面とその管理についてのアイデア、開発、研究に関する論文を掲載している。

出版元

エルゼビア。Corrosion Science は、腐食研究所(Institute of Corrosion、英ノーザンプトン)の公式ジャーナル。

発行頻度

月刊(各号で1巻)

編集体制

編集長: バースティン(G T Burstein)教授/英ケンブリッジ大学材料科学・金属学部教授・名誉研究員
ジャーナル編集委員:12名
詳細はこちら:www.journals.elsevier.com/corrosion-science/editorial-board

 


出版基準

Corrosion Scienceは理論と実践の両面にわたる論文を掲載し、腐食科学を幅広く解釈している。研究領域は、高温酸化、不働態、陽極酸化、生化学的腐食、応力腐食割れ、腐食管理のメカニズムや方法など。純粋・応用腐食、材料劣化、表面科学・工学に関する原著論文およびクリティカル・レビュー論文の掲載も考慮する。金属学者、材料科学者、腐食・劣化のすべての研究者を結びつける重要な役割を担っている。


編集方針と投稿規定

原稿はすべて、Elsevier Editorial Systemに著者としてログインしてアップロードする(初めての場合は最初に登録が必要)。ウェブサイトwww.journals.elsevier.com/corrosion-scienceの左側のメニュー「Submit your paper(論文を投稿する)」から操作する。

査読プロセス

標準的な査読プロセスを採用。査読者の手引きはこちらを参照(Corrosion Science専用ではない)。投稿を検討中の著者にも有益。https://www.elsevier.com/reviewers/how-to-conduct-a-review.


出版方針

Corrosion Science では、著者が計125種類程度の中から最適なキーワードを選べるように、材料・技術・特性および現象の3タイプにわかれたキーワードリストを用意している。


インデックスと指標

2014年のインパクトファクター:4.422

5年インパクトファクター:4.831


Corrosion Scienceのウェブサイトには、本誌に関する様々なリンクを掲載した「Journal Insights」というセクションがある。例えば、ジャーナルの処理速度(論文の査読期間や受理後出版に至るまでの期間の平均を1週間単位で示したもの)や、ジャーナルの普及度についてのデータ(過去5年間にダウンロードされた国別の論文数や、過去5年間に論文が掲載された責任著者の分布を示した世界地図)などが紹介されている。


より詳しい情報はこちら:http://journalinsights.elsevier.com/journals/0010-938X.


便利なリンク集

ジャーナルのウェブサイト:www.journals.elsevier.com/corrosion-science

著者向けガイドライン:https://www.elsevier.com/journals/corrosion-science/0010-938x/guide-for-authors

編集委員会:www.journals.elsevier.com/corrosion-science/editorial-board

「Journal Insights」: http://journalinsights.elsevier.com/journals/0010-938X

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


このコンテンツは「ジャーナルを選ぶ」ステージに属しています。

論文が仕上がりましたか?エキスパートによる無料の個別コーチングを受けて、優れた論文投稿パッケージを準備しましょう。