現在地

エディテージ・インサイトに登録して、専門家から 論文投稿のアドバイス を受けましょう!

出版倫理

二重投稿とは?倫理審査の承認を経ずに論文を公開しても大丈夫?過去の論文で利用したデータを使っても倫理的に問題ない?このカテゴリーでは、出版倫理に関する情報を紹介します。意図しない剽窃行為を避けるための倫理規定や、倫理審査の承認を得ることの重要性について学ぶことができます。倫理的な研究行為について発信することで、著者が論文を倫理的に正しく発表し、不正行為によるリジェクトや論文撤回を避けられるよう支援します。
閲覧済み
学会発表した内容を日本語で紀要に投稿する予定です。また、修士論文の内容をまとめたものを英文で、研究室で発行している論文集に記載します。2つの論文で、一部内容が重複するところがあります。これは二重投稿に当たりますか。
  • Anonymous
  • 2018年2月19日
  • 359 ビュー
閲覧済み
先日新しく創刊された雑誌からメールで雑誌投稿の誘いがあったので、多くの雑誌でRejectになっていた論文をメール送ったところ、掲載されました。その際、投稿料の支払いに関する合意は一切ありませんでした。掲載後にHPを確認したところ1800ドルとあったのですが、何もないため、Invitationだから払う必要はないと考えていました。しかし半年たった今、3600ドルの請求書が届きました。掲載する際に、支払いに同意していない旨と、1800ドルと書いてあったことを伝えたところ、1800ドルのInvoiceが届きました。いったん支払う意思は示したものの、不信に思い、出版社を調べたところ、ハゲタカ出版社であることがわかりました。 支払わなければならないのでしょうか?それとも撤回した方がよいでしょうか?
  • Anonymous
  • 2018年2月15日
  • 2,095 ビュー
閲覧済み
エルゼビア社医系雑誌の査読後に再投稿となりました。再投稿に際して、”Data in Brief"への補足データの投稿もオプションで勧められました。”Data in Brief"はいわゆるデータジャーナルかと思います。今回のように他雑誌投稿時にデータジャーナル投稿を勧められることは常態化するのでしょうか?データジャーナル投稿内容が元の論文と類似してしまうと二重投稿になるように思えますが、如何でしょうか?お教え下さい。宜しくお願いします。
  • Anonymous
  • 2018年2月13日
  • 1,145 ビュー
ハゲタカ出版社を見抜くためのチェックリスト
閲覧済み
ハゲタカ出版社がちらつかせる安易な出版ルートは、研究者にとって好都合な申し出であるため、その罠に多くの研究者が引っかかってしまっています。学術出版界を守るためにも、著者は、本物と偽物のジャーナルを見分ける術を学び、自己防衛を行う必要があります。
閲覧済み
日本の医系学会の英文誌に投稿しました(結果はリジェクト)。審査過程で、英文誌事務局から著者の所属大学の倫理審査委員会にあてに、当該研究に関する倫理審査書類を提出するように連絡が入りました。既に投稿論文中に倫理審査番号は記載してあり、投稿規定に従い承認通知のコピー(日本語)も雑誌に送った後の事で大変驚いたと同時に非常に憤慨しました。一応倫理員会からは全書類を送付してもらいました。しかし、投稿規定にも書かれていない事を要求しており、納得がいきません。日本学会の英文誌ですが、外国人投稿者も多数おり、同様な問い合わせをしているとも思えません。このようなことは最近の常識となっているのでしょうか?お教えください。
  • Anonymous
  • 2018年2月6日
  • 1,930 ビュー
閲覧済み
case reportの同意書について質問です。 入院時に全例においてもらっている「臨床データー、検査データー、画像データーを学会・論文発表に使用することへの承諾書(日本語)」は、実際に論文投稿する際において、同意をとったと解釈できるのでしょうか?ジャーナルが日本語のフォーマットでも容認する場合でも、再度、同意書を取る必要があるのでしょうか?
  • Anonymous
  • 2018年2月1日
  • 1,124 ビュー
閲覧済み
出版後の論文について、例えば学会発表時、ポスター下に論文を置いているのを見かけるのですが、著作権の問題にならないのでしょうか?また、Research gateなどにpdf fileをのせているのも見かけますがこれも問題にならないのでしょうか?open accessで出版したものであれば問題ないでしょうか?
  • Anonymous
  • 2018年2月1日
  • 1,813 ビュー
閲覧済み
患者やその代理人の署名入りの同意書には、ジャーナル指定のフォームを使用する必要がありますか?それとも、投稿要件を満たしていれば、「一般的」な同意書でも構わないでしょうか。また、投稿予定のケースレポートでは患者の個人情報を除外していますが、同意書を提出することで、編集者や出版者に患者の氏名や署名が知られてしまうことを懸念しています。国際医学雑誌編集者会議(ICMJE)がPhysician Attestation of Informed Consent (インフォームドコンセントの医師認証、PAIC)制度を採用していないのには、何か理由があるのでしょうか?
  • Anonymous
  • 2018年1月18日
  • 3,684 ビュー
閲覧済み
先日、ある雑誌の編集部からメールが来て、創刊号に2ページ程度の掲載文のinvitationがありました。オープンジャーナルなので、当方は一切お金を払わない旨を明言し、医学展望のような雑文を送りました。その後一ヶ月くらいたってメールでUS$3600のinvoiceとHPにEdirorialとして文がアップされていました。今回は、雑種HPの投稿の窓口からでなく、編集者に雑文を送っただけです。雑誌のHPを確認したところはオープンジャーナルの掲載手数料にはUS$1800と載っています。この雑誌をしらべたらBeall’s listにのっているハゲタカ雑誌でした。1週間に一回くらいpaymentとメールをよこします。 この場合、反応しないで放置するか、それとも掲載撤回の申し出と上記の経緯から料金は払えない旨の返事をしたほうがよいのでしょうか。(おそらく撤回を認めないなどといってくるでしょうが。)なを、今回は論文でなく雑文なので、HPが閉じられてもなんら影響はないです。
  • Anonymous
  • 2017年12月29日
  • 3,758 ビュー
閲覧済み
自分たちが導出した式の検証データとして、論文に記載された表の詳細データを利用しました。参照文献で論文を引用し、表の変数名を自分たちのものに書き換えました。さらに簡単な計算から得られる変数を自分たちのデータ表に追加しました。また引用した論文で用いられた従来の式を参照用に用いました。原稿はアクセプトされて出版待ちです。参照論文の著者に引用のお願い(報告)をどのようにすべきでしょうか?(12/8のRoohiさんのYour Publication Coach "D'ont be a table thief!"を読んで心配になりました。
  • Anonymous
  • 2017年12月21日
  • 1,928 ビュー

ページ