質問: 査読者に進捗状況を直接確認するのはルール違反ですか?

質問の内容 -
論文を投稿したジャーナルが、査読者候補4名をカバーレターに記載するよう定めていたので、それに従って4名の教授に査読者候補として名前を記載する許可をもらい、それらの情報を記載したカバーレターをジャーナルに送りました。その後8ヶ月経っても返答がなかったので、論文の状況について問い合わせると、「1人からは査読結果が返ってきたが、2人目の結果がまだ届いていない」との返答でした。現在、投稿から1年近くが経過していますが、2人目からの結果をいまだに待っている状態です。査読者に直接、査読の進捗状況を確認しても問題ありませんか?
答えを書く
[site:name]は現在メンテナンス中です。作業中は、ログインや登録などの一部のサイト機能が利用できない場合があります。
1 この質問に答える
回答:

査読者に直接コンタクトをとることは、絶対に控えましょう。著者と査読者の直接的なやり取りは、ジャーナルの機密保持方針に抵触するため、ジャーナル側が良く思いません。


また、実際の査読者が誰なのかは、あなたも知らないはずです。ジャーナルが査読者候補をリストアップするよう求めていたとしても、そのリスト通りに査読者が選ばれるとは限りません。最終的に査読者を選ぶのは編集者です。あなたがリストアップした候補者は、誰も選ばれていない可能性もあります。したがって、査読者に直接メールを送ることはナンセンスです。


その代わり、23週間に一度の頻度でジャーナルにメール送って、論文の状況を尋ねるとともに、プロセスの進行を速めてもらうようお願いしてみましょう。


関連記事:


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。