質問: 論文結果の発信

質問の内容 -
私はリハビリテーションの仕事に携わっており、研究論文で発表されている有用な研究結果が臨床現場の人間に還元されていないと感じています。オープンジャーナルではない論文はその雑誌会社に著作権があると思うので、オープンジャーナルを中心としてその内容を簡潔に自分でまとめ(図表や文章は引用せず)、有料メールマガジンとして医療現場の人間に発信することは認められるでしょうか
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

リサーチコミュニケーションの場は広がっており、最近では多くの研究者がさまざまな形で研究を発信できるようになっていますが、できることはまだありそうです。そしてリサーチコミュニケーションは、あなたが認識しているように、臨床診療にとっての研究の意義を示す上でとくに重要です。

だから、あなたがなぜそのようなことに取り組もうとしているのか、よく理解できます。起業家精神に満ちた進取的なプランで、まさに研究者らしいイノベーティブな資質が感じられます。

しかしながら、プランを実行に移す前に、確認しておくべきことがいくつかあります。

まず、OAジャーナルであれオンライン記事(ブログ記事やニュース投稿など)であれ、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)の種類を確認する必要があります。CC BYCC BY-SA (ShareAlike)であれば、マテリアルを自由に使うことができ、クレジットを適切に表示すれば商用利用も可能です。これは公正なことであり、論文を参照するようなものです。使う素材へのリンクを示すことでリサーチコミュニケーションが促され、あなたのコンテンツに妥当性が付与されることにもなります。CCライセンスについての詳細は、こちらをご覧ください:英語日本語

また、商業的な観点から、個人でできる範囲で行うのか、会社を設立して行うのかも検討する必要があります。会社として行うなら、企業に対する何らかの規制があるはずです。ニュースレターのようなオンラインマーケティング商品にISSN(国際標準逐次刊行物番号)が不要であること(詳しくはこちらを参照)までは私たちも知っていますが、それ以上のことになると、こちらは専門外となります。したがって、考えている取り組みもしくは事業に合った当局や規制を把握する必要があるでしょう(これは、国や地域によっても異なる場合があります)。

こちらの記事も参考にしてくださいWhat's the difference between a license agreement and a copyright transfer agreement?

最後に、リサーチコミュニケーション領域で私たちが提案している、Impact Scienceもぜひチェックしてみてください。これは、研究者の皆さんが研究成果をプレスリリース、ブログ記事、インフォグラフィックス、動画などの形で発信するサポートを行う取り組みです。


このコンテンツは「論文の出版後」ステージに属しています。

論文が出版されましたか?無料の個別コーチングで今後の対策を立てましょう。