質問: 認可済みの治療法を、別の疾患に適用するケースレポートを発表しても問題ないですか?

質問の内容 -
出版倫理について質問があります。ある疾患に効果的と見込まれる画期的な治療法があるとします。その治療法が、すでに別の疾患で米食品医薬品局(FDA)の認可を受けている場合、この治療法を医学コミュニティに認知してもらうための第一歩として、患者への提案およびその結果をケースレポートとして発表しても、倫理的に問題はありませんか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

ケースレポートの発表は、臨床事例から得られた知見を広めるための良い方法です。医療従事者は患者と関わる中で、未知の症状、既知の疾患の合併症、治療様式や新たなアプローチによって引き起こされる異常な副作用/有害反応といった、例外的な状況に遭遇することがよくあります。通常、このような事例はケースレポートとして発表され、医学コミュニティに新たな知見を提供します。研究者たちはこの知見をもとに、さらに研究を発展させることができます。


FDAに認可された治療法が、別の疾患にも適用できることを示したケースレポートであれば、ぜひ発表すべきです。倫理的な問題は一切ありません。もちろん、「この治療法は、異なる疾患でFDAの認可を受けている」ということを説明する必要はあります。あなたのおっしゃる通り、このステップは、治療法の新たな適用方法を医学コミュニティに示すための第一歩になるでしょう。


関連記事:
若手研究者のためのケースレポートの書き方指南


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。