質問: 実験報告書の書き方について

質問の内容 -
実験報告書を書きたいのですが、どのように書けばよいでしょう? 構成はどうすべきですか? また、書き方を指南する本や教材はありますか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

どのような研究論文であれ、自分で執筆する前に、まずは出版済みの論文をいくつか読んでみることが大事です。各種学術論文は、それぞれ特有のスタイルで書かれていることを理解した上で、それらのスタイルに従って書かなければなりません。実験報告書を書くつもりであれば、すでに出版済みの実験報告書をいくつか読んでみましょう。読み慣れてくれば、論文の書き方も自然と明らかになってくるはずです。


一般的に、実験論文あるいは実験報告書は以下のような構成となっています。


序論(Introduction): 研究の課題と目的、リサーチクエスチョンを述べます。


関連研究(Related Work: 分野における関連研究の概要を簡単に説明します。文献レビューと同様のものですが、そこまで徹底的に行うものではありません。


実験計画(Experimental Design: なぜその計画が研究課題に適しているのかを説明します。


方法と材料(Methods & materials: 実験の実施方法と使った材料について、詳細に説明します。他の人が必要に応じて実験を再現できるよう、細部まで詳しく書きます。


結果と考察(Results and Discussion: 実験結果とその意義についての考察を述べます。


参考資料

https://owl.english.purdue.edu/owl/resource/670/03/

http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-7091-6743-4_18#page-1

http://www.editage.com/insights/a-young-researchers-guide-to-writing-an-original-research-article

 


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。