質問: 論文原稿の所属に関しまして

質問の内容 -
4月1日から異動となります。現在共著で関わっている論文原稿があり、3月中に投稿する予定です。投稿中に所属が変わるので、現所の属に加え、新しい職場の住所もPresent addressとして記載できるかご教授ください。自分は5番目の共著者で、下記の様な表記の仕方になるかと思います。 6 現在の職場、7 Present address: 現在の職場
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

論文が投稿されるのが3月中で、あなたが新しい職場に移るのが4月というのは、少々ややこしい状況です。いずれにせよ、所属が複数になる場合のルールは確定していないのが現状です。とはいえ、現実には以下の形で進めることになるでしょう。
 

  • おっしゃるように、現所属先を現在の住所として記載することができます。コメントを書き込める欄(セクションやボックスなど)があれば、新しい所属先について、‘From April 1 – [Name of affiliation]’のように記載することができます。
  • 査読で論文の修正が求められた場合は、所属先の部分を更新する必要があるかもしれません(とくに、あなたが修正に関与している場合)。また、論文の修正に新しい職場が何らかの貢献をした場合は、それについてAcknowledgments(謝辞)のセクションで触れる必要があるでしょう。
  • 現在の職場と新しい職場の、所属先に関するガイドラインも確認してみましょう。


論文の出版と、新しい職場でのご活躍を願っています!


関連記事:


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。